羽生竜王、豊島八段下し順位戦PO最終戦へ 名人への挑戦権かけ21日に稲葉八段と対局

 佐藤天彦名人(30)への挑戦権をかけた将棋の順位戦A級プレーオフの4回戦が3月18日に行われ、羽生善治竜王(47)が豊島将之八段(27)に勝利し、最終5回戦へと駒を進めた。

 羽生竜王は昨年末に竜王のタイトルを獲得し、史上初の「永世七冠」を達成。次回、タイトルを防衛もしくは奪取すれば、前人未踏のタイトル通算100期を達成する。21日に行われる最終5回戦では、前年度に佐藤名人に挑戦した稲葉陽八段(29)と対戦。勝った方が挑戦権を獲得する。プレーオフの流れは以下のとおり。


1回戦 ●久保利明王将(9位)VS豊島将之八段(10位)○

2回戦 ○豊島将之八段VS佐藤康光九段●(8位)

3回戦 ○豊島将之八段VS広瀬章人八段(4位)

4回戦 ●豊島将之八段VS羽生善治竜王(2位)○

5回戦 羽生善治竜王VS稲葉陽八段(1位)


 順位戦は持ち時間が各6時間。佐藤名人との名人戦七番勝負の第1局は4月11、12日にホテル椿山荘東京で行われる。AbemaTVでは順位戦A級プレーオフの模様を、終了まで生放送する。

(C)AbemaTV

▶3/20 第43期 棋王戦 五番勝負 第四局 渡辺明棋王 対 永瀬拓矢七段


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000