アルコ&ピース・平子、「エチュードがやりたくてこの業界入ってきた」

 14日『篠崎愛の初体験ラボ』(AbemaTV)が放送された。篠崎愛が世の中の人に代わっていろんなことを初体験し、結果を報告するアブナイ生検証バラエティだ。今回は「篠崎愛 カラダ張らせすぎちゃってゴメンねSP」として、放送開始から丸2年となる同番組で、篠崎が特にカラダを張って挑戦した企画をVTRで振り返っていった。


 ポールダンス、事故物件での心霊ドッキリ、暗闇チャンバラで殴り合いといった多種多様な企画に挑戦する様子を振り返った篠崎は、アルコ&ピース・酒井健太に感想を求められ「いや、我ながらだいぶ頑張ってますよね」と自画自賛する。


 ここで酒井が「(VTR)後半戦に行く前に、ちょっと箸休め的なコーナーをご覧いただこうと思います」と前振りしつつ「この番組で度々発生してきた篠崎と所長のミニコントですが、篠崎と所長の激アツなやり取りの数々を集めてみました」と説明。アルコ&ピース・平子祐希が満足気にうなずく一方、篠崎は「たまに起こるんだよね……」とボヤいていた。


 VTRでは「平子マネージャーを叱る篠崎」「平子のホテルへの誘いを上手に断る篠崎」「酒井に告白する篠崎」「平子を撃退する男装の篠崎」といったミニコントの数々が紹介されるも、基本的には平子の手の平の上で篠崎が踊らされるといった流れになっているのが特徴。


 VTRが終わり、酒井が「(平子の)“圧”が凄かったですね」と言葉を掛けると、篠崎は「凄いのよ、(私を)超えてくるからさ、もう負けるよね」と白旗を上げたが、平子は「元々エチュード(即興演劇)がやりたくてこの業界入ってきたから」「本職的なところが出ちゃうんだよね」と巧みに言い訳し、またしても篠崎を困惑させていた。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000