連覇を狙う関脇・栃ノ心、2日目で土 元大関・把瑠都「まわしのことを気にしすぎた」

<大相撲大阪場所>◇二日目◇3月12日◇エディオンアリーナ大阪

 先場所、平幕ながら14勝1敗で初優勝を飾った関脇・栃ノ心(春日野)に、早くも土がついた。


 初日は前頭二枚目・宝富士(伊勢ヶ濱)を力強く寄り切った栃ノ心だったが、この日は前頭筆頭の玉鷲(片男波)と対戦。立ち合いからまわしが取れず、自分のリズムで思うような相撲が取れないまま、玉鷲のはたき込みで土俵に手をついて崩れ落ちた。

 

 中継していたAbemaTVのゲスト解説を務めた相撲好きのお笑い芸人はなわは、玉鷲の前に出る圧力に注目。立ち合いの瞬間、「やっぱり強い」と感嘆の声を上げた。一方の栃ノ心は、最後までまわしを取れず、圧力を受け止められなかったことが響き、苦杯をなめる結果となった。


 解説を務めていた元大関の把瑠都は、栃ノ心の黒星に「動きは決して悪くない。ただ、まわしが取れないことを気にし過ぎる場面があった。おそらくそれは、玉鷲の作戦。玉鷲は絶対にまわしを取らせないつもりで土俵に上がったはず」と、玉鷲の戦略上の勝利であったことを指摘した。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000