『真冬のオオカミくんには騙されない』で遂にたいぞーが脱落! 横澤夏子、飯豊まりえは涙、大和田南那はショックで呆然と立ち尽くす……

 3月11日(日)に、AbemaTVオリジナルの恋愛リアリティーショー「真冬のオオカミくんには騙されない」第7話が放送され、視聴者投票で「オオカミくん」1位に選ばれた脱落者が決定し、その結果にMCの横澤夏子、そして応援ゲストの飯豊まりえが涙するシーンがあった。


 この番組はガチで恋愛をしたい女子高生たちが、イケメン男子とデートを繰り返しながら恋に落ちていくまでを追いかけるという内容。ただし、男子の中には嘘をついたり、好きでもないのにちょっかいを出したりと、恋を邪魔する「オオカミくん」が最低でも1人混ざっている。また、本シーズンは「視聴者の投票によって、いちばんオオカミくんだと思われている男子が途中で落とされる」という新ルールも追加された。


 シーズン3より導入された今回の新ルール。遂に今回の放送で脱落者が発表されることもあり、番組冒頭からMC陣らは「気になる!」を連発、既に待てない様子だ。お台場にあるバーベキュー場で9人最後となる食事を楽しむメンバーたち。みんなで食事をするのが第1話の初対面の時以来ということもあり、当時の印象を語り合うなど思い出話に花を咲かせた。

 夜になり、遂にやってきた運命の瞬間。男子メンバーが「赤い月ランプ」を持って10秒カウントダウンし、10秒後明かりがそのまま灯っていたらセーフ、消えたら脱落というルールのもと発表される。男子メンバーたちに緊張が走る中、最初に月を持ったのはたくみだ。それ以外のメンバーたちは手を繋ぎ一緒に10秒カウントしながらその明かりを見守る。10秒後、明かりは灯ったままだった。

 次に月を持ったのはSORAだ。りんねとおとの間で揺れるSORAは、第6話で放送された女子メンバーたちによる投票で、ななとあやから投票されていた。SORAの行方を見守るりんねとおと。結果はセーフだった。

 続いて登場したのはたいぞーだ。視聴者投票で1位を獲得していたたいぞーだが、第5話の「NOT オオカミ宣言」では気持ちを寄せるななに「オオカミじゃないよ」と宣言していた。たいぞーが月を持った瞬間、横澤夏子やAmiらは「ちょっと待って!」「落ちて欲しくない!」と興奮気味、さらにカウントダウン中も「…息が苦しい」「怖い…」と思わず声が上がっていた。全員でカウントダウンを行った10秒後、たいぞーが持っていた明かりが消えた。脱落者はたいぞーとなった。

 この結果にMC陣らは「ヤダー!!!」「うそ!!」と大絶叫。その光景を見ていたりんねは涙。たいぞーに想いを寄せるななは、ただただ呆然と立ち尽くしていた。

 その後、たいぞーはみんなに「自分がしてきたことがこういう結果なら俺は仕方ないと思う。後悔はしてないから…。俺はオオカミじゃないよ。ありがとう」と最後に語った。

 この結果に、横澤は泣きながら「せつな…」、飯豊もたいぞーが最後まで「オオカミくんじゃない」と宣言したことに、「…オオカミくんじゃないの…?」とショックのあまり言葉を失っていた。

 「…でも私たちの心の中にはたいぞーくんが…」と飯豊が語ると、横澤から「死んでないから(笑)」と突っ込まれていた。


 次週予告ではあさやがななを呼び出す姿が!SORAはりんねとおと2人を呼び出しデートへ?さらに最後には今回脱落したたいぞーの姿が…。一体何が起こったのか!?最終回が目前に迫る「真冬のオオカミくん」、次週は3月18日(日)22時より放送される。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000