『プリンシパル』黒島結菜×高杉真宙インタビュー 小瀧望の印象は「意外と寂しがりや」

 いくえみ綾原作の人気コミックを実写映画化した『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』は、北海道に引っ越してきた女子高校生・住友糸真(黒島結菜)とタイプの異なるモテ男、弦(小瀧望)と和央(高杉真宙)との恋模様や友情を描く青春ラブストーリー。


 本作で、ヒロインの糸真を演じているのが黒島結菜。糸真が出会ういつも笑顔で王子様のようなモテ男・和央を演じているのが高杉真宙。2人に映画の魅力や撮影現場の雰囲気、そして共演の小瀧望とのエピソードなどを聞いてきた。


『プリンシパル』は、リアリティのある少女漫画

(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社


ーー『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』は、人気少女漫画の実写化ということですが、原作のお話を読んだときの感想から教えてください。


高杉:オファーをいただいてから漫画を読んだのですが、良い意味で少女漫画らしくないなと思いました。ヒーローが出てきて…という感じではなく、キャラクター1人1人が人間らしく悩んでいる。そこにすごく惹かれました。


黒島:私もとてもリアリティのあるお話だなと感じました。実際にありそうな設定というか。共感しつつも、新鮮な気持ちで読むことができました。


ーーいくえみ先生の作品はファンも多いので、人気キャラクターを演じることにプレッシャーなどもあったのではないでしょうか?


高杉:そうですね。僕は漫画をよく読む方なので、いくえみ先生のことも、”いくえみ男子”というものも知っていたので…「あー!どうしよう」と(笑)。


ーー実際に『プリンシパル』を読んでみて、いくえみ男子が人気な理由も分かりましたか?


高杉:よく分かりました。自分が演じるとかそういうの関係なしに、漫画のキャラクターとして和央のことが大好きになりました。


ーー黒島さんは主演という意味でもプレッシャーを感じたのでは?


黒島:「私でいいのかな?」という気持ちはありました。どうしてもあまり自分に自信がないタイプなので現場に入るまでは楽しみよりも、不安のほうが大きくて。でも、W主演の小瀧さんに助けてもらいながらやり遂げることができました。


高杉真宙「ゆるふわ感を出すのが難しかったです」

ーー不器用だけどまっすぐな女子高生の糸真と、いつも笑顔で王子様気質の和央。それぞれ役を演じる上でどのようなことを意識していましたか?


高杉:王子様のような見た目だけど、その中に芯の強い男の子がいる。いくえみ男子のトリコになったファンの1人として、和央の思っていることをしっかりと代弁していけたらいいなと思って演じさせていただきました。


黒島:糸真は、漫画でみると吹き出し以外のところで話していることが多いんですよ。それが小動物みたいだなと思ったので、セリフ以外の動きでちょっとわちゃわちゃしている感じを出すようにしていました。考えていることがしっかりしているけど、たまに不安定だったり、感情の流れを表現するのは難しかったなと思います。


ーーご自身が演じたキャラクターとの共通点や、逆に似ていないなと感じることはありますか?


高杉:和央が女の子と間違えられるように、自分自身も女の子と間違われてスカウトされているんですよね。だから、「僕と一緒だ!」って思いながら(笑)。男っぽくなりたいという願望があったので、芯が強い部分も少しだけ似ているのかなと思いました。


ーーでは、高杉さんはすんなりと和央になることができた?


高杉:でも、監督には「もう少しゆるふわにして」とよく言われていました。きっと、僕にはゆるふわが足りなかったんでしょうね(笑)。少しずつふわっと感を加えていったり、ここを強くしたいなと思ったら、監督と話し合ったり。試行錯誤しながら、ゆるふわ感を出しました。

(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社


ーーなるほど(笑)。黒島さんはいかがでしょう?


黒島:わたしは糸真ちゃんとは違うところばっかりで。とはいえ、違うけどなんとなくわかるところも多いんですよね。女の子の恋する気持ちはきっとこうなんだろうなって。


ーーでは、あまり共通点はなかった?


黒島:共通点は東京にいくことを前日にみんなに話したところですね。わたしも沖縄から東京に出てくるときに、学校の先生にだけ言って、クラスの友達には言わなかったので(笑)。みんなとは、そのあとも会いましたけど。隠しがちというか、あまり自分のことを話さないタイプだったなと思います。

(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社


黒島結菜「自分をみて不思議な感覚になりました」

ーー映画の中には胸キュンシーンがたくさんありましたが、2人が一番印象に残っている胸キュンシーンを教えてください。


黒島:和央にマフラー巻かれている自分をみて、キュンっていうか、「わぁぁっ!」って不思議な感覚になりました(笑)。自分のお芝居でそう思うことってほとんどなかったんですけど、今まで感じたことのない、照れなのかなんなのか…。これがキュンってことか、と思いました(笑)。


高杉:僕は糸真と弦の2人の関係性がいいなと思って観ていました。弦を後ろからハグするところが素敵だなと。


黒島:やっぱりそこなんだ!


高杉:あそこはやっぱり、糸真と弦が動いていくのかな?ってなる大事なシーンなので。「やっと2人が交差していくんだ!がんばれ!」って思って観ていましたね(笑)。


ーー胸キュンシーンは演じているときもドキドキしますか?


黒島:うーん…ちょっとそわそわするんじゃないかな?でも終わったら笑えてきたりもするよね。


高杉:糸真の肩に頭のせるシーンは面白かったよね。


黒島:あそこね(笑)!体勢がけっこう難しくて、もたれやすいようにしなきゃって考えていたら面白くなってきちゃって。


高杉:どうしたらいいんだろうってね!終わったときは達成感があったかもしれない(笑)。

(C)2018映画「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社


小瀧望は、「ムードメーカー」「意外と寂しがりや」

ーー本作は「素直になろう」といった意味のメッセージも込められている作品だと思うのですが、お二人は自分の気持ちに素直になれるタイプですか?


黒島:あんまり素直じゃないかもですね。裏の裏の裏くらいまで考えちゃって、言えなくなる(笑)。でも相手から意見を求められたらはっきり言います。


高杉:僕もあんまり素直なタイプじゃないですね。何事も自分の言葉で言うっていうのがすごく苦手で。セリフがあったらいいのになぁって思っちゃいます(笑)。


黒島:それはちょっとわかるかもしれない。


高杉:友達からもよく何を考えているかわからないって言われることが多くて。まぁ、ぼーっとしているだけなんですけどね(笑)!


ーー黒島さんは高杉さんにたいして、何を考えているかわからないと思ったことはありましたか?


黒島:思いました。未だにわからないです(笑)。


高杉:なにも考えていないです(笑)。


黒島:でもきっと内側ではすごく考えているんだろうなとも思います。

ーー弦役の小瀧望さんとは3人で一緒のシーンが多かったかと思うのですが、仲を深めるためにしたことはありますか?


高杉:カードゲームですね。


黒島:みんな人見知りで。同い年だとなにを話したらいいか、逆にわからないんですよ。年上の方だと、話しかけていただくことが多くて、年下だとこっちから頑張ろうかなってなるんですけど…。


高杉:さぼっちゃいますよね(笑)。


黒島:そこで頑張ってくれたのが、小瀧さんでした。小瀧さんがカードゲームを買ってきてくれて、みんなで空き時間にやったりとか。でも、カードゲームをやらないときはほとんど話さなかった気がする…(笑)。


高杉:同い年って逆になにを話していいか分からない。これは最近の悩みですね(笑)。人見知りじゃないって素晴らしいんだろうなって改めて思います。


黒島:どうやってなおしたらいいんだろうね?まずは相手に興味をもつことじゃないですか?


高杉:興味はもってますよ?


黒島:もってますか?なら良かったです(笑)。


ーーでは、現場では小瀧さんが中心となって?


黒島:そうですね。私は川栄さんとご一緒したことがあったので、けっこう話していて。


高杉:だから、男子チームでどうやってあれに入っていこうかって相談していました。僕は任せっきりになっちゃったんですけど(笑)。


ーーお二人からみた小瀧さんはどんな方ですか?


黒島:ムードメーカーでしたね。


高杉:そして、意外と寂しがりやなイメージ。


黒島:面倒見がいいところもありますよね。スタッフさんたちと一緒にご飯を食べに行ったときもお兄さん感がありました。


高杉:現場ではまとめて、リーダー的な存在でしたね。小瀧くんがいなかったら全然まとまっていなかった気がする(笑)。


ーー最後に、映画を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします!


黒島:年齢関係なく、みなさんに楽しんでいただける映画だと思います。同世代はもちろんですけど、お子さんがいるお母さんとかにみていただいても、懐かしい気持ちになれるだろうし、また違った感想、感じ方をしてもらえるはずです。


高杉:高校生の恋愛のお話なんですけど、糸真のお母さんや和央のお母さんの大人の恋愛もあって、いろんな人のいろんな恋愛観で進んでいくので、そこもまた面白い部分だと思います。年齢関係なく、楽しんでいただける作品です。恋愛だけじゃなく友情のお話もあるので、そこにも注目してください。

 映画『プリンシパル』は、3月3日(土)より全国ロードショー。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000