将棋専門誌が悲鳴 藤井聡太六段の超スピード昇段に「編集作業が追いついていかない」

 将棋の中学生棋士・藤井聡太六段(15)の快進撃が、思わぬところに影響を与えている。2月19日に将棋専門誌「将棋世界」のTwitter公式アカウントで「藤井聡太六段の昇段スピードに、編集作業が追いついていかない」と投稿されると、8000件を超すリツートと約1万の「いいね」がつく大反響となった。

 藤井六段は今月1日に順位戦C級2組から同1組への昇級を決め、五段の昇段。その16日後、今度は朝日杯将棋オープン戦で優勝し、「五段昇段後全棋士参加棋戦優勝」の条件をクリアしたことで、半月あまりの間に一気に四段から六段に昇段した。将棋世界は、日本将棋連盟が発行している月刊の機関誌だが、想像を超える昇段に「いくらなんでも『五段に昇段なるか注目された藤井六段』はまずかろう」と、原稿に修正を入れた画像も投稿された。

 藤井六段については、六段昇段は史上最年少の15歳6カ月、中学生としては初の快挙となっている。なお、七段へ昇段する最短ルートとしては、「竜王ランキング戦連続昇級または通算3回優勝」があり、昨年6組で優勝している藤井六段は、今期の5組でも優勝すれば今春中にも七段となることができる。

(C)AbemaTV

▶第59期 王位戦 挑戦者決定リーグ 羽生善治竜王 対 近藤誠也五段


▶第66期 王座戦二次予選 畠山鎮七段 対 藤井聡太六段


▶第43期 棋王戦 五番勝負 第二局 渡辺明棋王 対 永瀬拓矢七段


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000