グラドルコンビが自信満々の漫才披露! バナナマン日村も度肝ぬかれる

 2月21日(水)、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで、バナナマン日村勇紀の冠番組『日村がゆく』が放送され、スタイル抜群のグラドルコンビ「しーくいーん」が登場した。


 今回放送されたのは、「⽇村がゆく オリジナル賞レース第2弾」として、M-1&R-1ナメてるGPを開催、“お笑いをナメているとしか思えない”ような個性豊かな⾯々が登場した。「M-1ナメてるグランプリ」「R-1ナメてるグランプリ」とは、⼈気お笑いコンテストのM-1やR-1に芸⼈じゃないのに応募したものの、1回戦で敗退したナメてるヤツらのNo.1を決定するというもの。


 「M-1ナメてるグランプリ」に登場したホリプロのコンビ「しーくいーん」は、うさぎになりたい“まいぴょん”こと日野麻衣と、似ている動物はアザラシという三田寺理紗という、スタイル抜群のグラビアアイドルコンビだ。M-1にエントリーしたきっかけも「ノリで」という、既に“ナメきってる”コンビだが、さまぁ~ず三村から、「君たちはお笑いの間が分かってる」「絶対に売れる」と褒められたという。そんな2人は、マネージャーや他の芸人たちからの助言は一切聞かないようで、「マネージャーさんからネタのダメ出しをされるんですけど、私たちは完全無視してて、自分たちでやりたいことをやってる。ホリプロの芸人さんからも『漫才ナメんなよ』といわれるけど別にナメてないし」と、強気な態度だ。

 それを聞いて日村も「ズルいよ、三村さんの名前だすの。何も言えないじゃん(笑)」と本音を吐露。そんな「しーくいーん」の期待のネタだったが、予想を裏切る、動物ネタを絡めたかなりほんわかしたネタで、日村は「お遊戯会かよ(笑)」「もっとゴリゴリのネタでくると思った」とそのギャップにド肝を抜かれていたが、最終的には「なんか分かんないけど、がんばれって思うよね。娘とかいないけど。とにかく“ミスるなよ~”って思った」と温かい眼差しをおくっていた。

(C)AbemaTV



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000