三浦翔平、起業志す熱き主人公に AbemaTVオリジナルドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』放送決定

 AbemaTV(アベマTV)は、開局2周年を記念し、企画から脚本まで完全オリジナルの連続ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』を4月より8週にわたり、放送することを決定した。


 同作品で脚本を務めるのは、『奪い愛、冬』(2017年テレビ朝日)などのテレビドラマや映画の脚本を手がけ、舞台の演出や作詞などさまざまなジャンルで活躍する鈴木おさむ。AbemaTVのために書き下ろしたオリジナル脚本だ。


 学生時代、渋谷のギャル男たちの代表をしていた主人公が、偶然手に取ったベンチャー企業の社長の本に書いてあった言葉に感銘を受け、自らもそのベンチャー企業に入社することから物語は始まる。大きな志を持って入社したものの、思い描いていたような社会人生活は簡単には手に入らず、憧れの社長にも裏切られ、その後自ら仲間たちと起業することに。次々と容赦なく壁が立ちはだかり、忘れられないような見下される経験、信じていた人からの裏切り、挫折など毎話ごとに主人公たちは、翻弄されながらも「会社は学校じゃねぇんだよ」と決め台詞をはきながら、前に進んでいく。


 ドラマは、就職せずにベンチャー起業を志す若者が増えている世の中の現象を捉えながら、本作品の企画者である藤田晋の著書『渋谷ではたらく社長の告白』をベースにし、「夢・恋愛・金・友情」をテーマにした熱いリベンジサクセスストーリー。


 今回ベンチャー起業を志す熱い主人公・藤村鉄平役を演じるのは、本作品で連続ドラマ初主演となる三浦翔平。本作の脚本を手掛ける鈴木おさむとは、2017年1月にテレビ朝日で放送していた金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』以来のタッグとなる。


 主人公・鉄平を支える右腕的な役どころとなる火高拓海役は早乙女太一が務め、ヒロイン役として自らも起業を志すモデル・水川華子役に宇野実彩子、鉄平と火高の後輩で、共に独立する笹川翔太役に松岡広大と、若手実力派キャストたちが集結。

▲脚本:鈴木おさむ コメント

 AbemaTVで作るドラマ。21世紀を代表する会社を作ろうとする若者と仲間達の青春&ビジネス。企業のスタートアップドラマはいくつかありましたが、リアリティーと、イタさを兼ね備えたまさに、AbemaTVでしか作れないドラマになること間違いなしです。これをきっかけに、新しいドラマのスタイルが作られることを願って、主人公の鉄平のように突っ走ります!

▲監督:藤井道人 コメント

 この企画をいただいて、地上波ではできない思い切った作品に挑戦できることを嬉しく思っております。鈴木おさむさんの疾走感のあるシナリオと、三浦翔平さんの力強いお芝居の力をお借りして「起業モノ」ドラマの枠を超えた、挑戦的なドラマにしたいと思っています。主演の三浦翔平さんは、おさむさんが宛て書きしたのかと思うくらい、主人公のイメージにぴったりな方でした。本作の主人公になくてはならない、カリスマ性、情熱、容姿、すべてが兼ね揃っている存在だ!と感嘆しました。クランクアップまで、共に戦っていきたいと思います。AbemaTVのチャレンジングな作品群の中でも、ひと際光り輝くドラマを作ります。この作品を通して「起業」に興味を持ち、夢を持ってくれる熱い人たちが出てくることを願っています。楽しみにしていてください。


▲三浦翔平(藤村鉄平役) コメント

 お話を頂いた時、AbemaSPECIALチャンネルで放送された『翔熱大陸』ぶりのAbemaTVさん、そして『奪い合い、冬』ぶりの鈴木おさむさん、これは絶対面白いものが出来ると思いました。また、脚本を拝見させて頂き、企業立ち上げ時の大変さ、企業成長と共に描かれる人間関係、会社というものの在り方がおさむさんの手で素晴らしく描かれているなと思いました。藤村鉄平は、目的の為ならどんな事でもする、破天荒でありながら頭がキレてなおかつ、普通ではできない決断力と断固たる決意のある人間だなと感じました。これから起業しようと考えてる方、将来やりたい事がなくて悩んでる方、とても勉強になると思います。また、「人生今日が一番若い日!死んでないなら何でも出来る!」いろんな人間達の熱い想いが込められてますので、宜しくお願いいたします。

▲早乙女太一(火高拓海役) コメント

 脚本を読んだ時、現代社会に生きる、様々な若者の姿が見えて、とても面白かったです。夢はあるものの、とても現実を見ていて、思い切ったチャレンジが出来ない人。それが、鉄平という人に触発されて共にチャレンジをして行くので、翔平くんを支えられる、良きパートナーになれるように頑張ります。夢や現実、会社の人間関係や友達の関係、様々な人間模様が描かれた作品です。是非ご覧下さい。

▲宇野実彩子(水川華子役) コメント

 独自のやり方で意志を貫き、登りつめていく鉄平の姿はとてもたくましく魅力的です。芸能界も競争社会の一面があり時代の流れは恐ろしく早く、レールなんてない環境で、私もいつだって迷わず強くいたいと共感しましたし、負けん気をくすぶられました。成功へと突き進む鉄平の行く先、そして彼の仲間やライバルにどんな変化が起きるのか、これからとても楽しみです。強がっているけど本当はピュアでまっすぐな華子は、直面する厳しい現実に一喜一憂しながらも、いつも体当たりで人間味ある愛らしいキャラクターです。ギャルブームだった懐かしい私の学生時代も思い出しながら、楽しく演じられたらと思います。また、起業の知識は私も華子同様とても乏しいので共に学んでいきたいです。今を生きる皆さんそれぞれの社会のシーンで共感していただけるドラマだと思います。明日を頑張ろうと思えたり、ご自身の大切な人と重ねたり、皆さんの毎週の楽しみになったら嬉しいです。


▲松岡広大(笹川翔太役) コメント

 僕が演じる翔太は、真っ直ぐ物事に向き合い、真面目で目上の人にはすごく順従。そして、真面目な性格がゆえに綺麗事ではいかないビジネスに悩み葛藤もする、まだ社会人として未熟な役だなと感じました。今回演じるにあたり、専門用語や会社のこと、起業家の方など、色々調べて知識を得ています。翔太の成長も個人的には楽しみですし、愛嬌のある役にしたいと思います。会社を立ち上げることがこれほどまでに大変なのか、こんなにも経費がかかるのか、仕事を取るには等、会社の裏側まで如実に描かれている作品だと思います。既に社会人の方はもちろん、これから就職活動を控えている僕と同世代の方にも是非見て頂きたいです。

▲企画:藤田晋 コメント

 現在のベンチャー起業のリアルは、渋谷近辺のスタートアップ企業群にあります。しかし、往来のテレビ局が作る起業家をテーマにしたドラマは現場のリアリティーを捉えきれてないと感じていました。本作品の基本の話のベースは私が書いた「渋谷ではたらく社長の告白」になっています。自らもベンチャーであり、スタートアップ事情に詳しい我々が、経験を活かしてドラマを作りたいと思いました。夢を追いかける若者に見て欲しいです。


■AbemaTV 『会社は学校じゃねぇんだよ』

企画: 藤田 晋 脚本: 鈴木おさむ
監督 : 藤井道人 他
プロデューサー : 神通勉・谷口達彦・髙橋良昌・瀬崎秀人・浅石優子
制作プロダクション:ROBOT
製作著作:AbemaTV
キャスト:三浦翔平(藤村鉄平役)、早乙女太一(火高拓海役)、宇野実彩子(水川華子役)、松岡広大(笹川翔太役) 

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000