石川恋、24歳で女子高生役 制服姿に「可愛い」「同級生になって欲しい」

 モデル・女優の石川恋が15日にInstagram連動のアメブロを更新し、MV出演の情報を告知した。

 「3月7日に発売される、三月のパンタシアさんの新曲「風の声を聴きながら」のMVに出演させていただきました。学校を舞台に、"もしも大人と子どもが入れ替わったら"という不思議な世界観の中で、私は女子高生先生を演じました」と紹介した石川。投稿された映像では、石川が女子高生の姿で様々な年代・性別の人たちの合唱を指揮している様子が映っている。


 三月のパンタシアは、2015年に活動を開始し2016年にメジャー・デビューを果たしたクリエイターユニット。MVについて石川は「ストーリー性のあるとても素敵な作品に仕上がっています!「風の声を聴きながら」の曲と併せてぜひMVもチェックしてください」とつづっており、ファンからは「制服姿も可愛すぎます!同級生になって欲しいです」「いい曲だし、恋ちゃんかわいいし制服にあってる」「制服余裕でいけるのはなかなかすごい」「恋ちゃん、可愛い~」といった声が寄せられている。


 石川は、坪田信貴の著書『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(通称「ビリギャル」)の表紙モデルで、金髪ギャル姿を披露し一躍ブレイク。その後テレビドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ)『警視庁いきもの係』(フジテレビ)などに出演し、活躍の場を広げている。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000