「目の前でコカイン吸ってる人、見たことある」恵比寿マスカッツ・吉澤友貴、ヤバすぎる実体験を衝撃告白

 恵比寿マスカッツ1.5の冠番組「恵比寿マスカッツ 1.5 真夜中のワイドショー」が放送された。この番組はMCにオアシズ、森三中の黒沢かずこがADを担当し“セクシー事件簿”をマスカッツなりに大体で討論する、日本一キケンで大人なワイドショー番組だ。


 芸能ニュースや時事問題をマスカッツなりに討論する「週刊ワイドワイドニュース」のコーナーで、吉澤友貴が「目の前でコカイン吸ってる人、見たことある」と突然暴露し、スタジオに緊張が走った。


 タイ旅行に行った際に現地のクラブで遊んでいると、一緒に過ごしていた知り合いの知り合い程度の仲の男性と、なぜか女子トイレで遭遇したと語る吉澤。しかし、用を済ませて個室から出ると、その男性に急に腕を掴まれ個室に連れ込まれたのだとか。


 「やばい、ヤられる!」と身の危険を感じたと振り返る吉澤だったが、その男性は自分の靴下からコカインを出し、丸めた紙幣で鼻から吸入し始めたという。このエピソードには、さすがのマスカッツもオアシズもドン引き……という様子だ。


 吉澤は男性からコカインを勧められたそうだが、「怖かったし、そういうの無理すぎて断った」と、事なきを得たとアピール。大久保佳代子から「(コカイン)やってないね?」と念を押されると、「やってないです!」と繰り返し身の潔白を主張していた。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000