顔認証一致率は脅威の「96%」 “中国のガッキー”栗子、好きなタイプは「『ごくせん』の小栗旬」

 Instagramに上げられた写真が「ガッキーそっくり!」とSNS上で話題になっているのが、中国出身の女子大生『栗子』ことロン・モンロウさん22歳。様々な記事で取り上げられ、年明けに1万人程度だったフォロワーは約1カ月で9万4000人(28日現在)と急増している。そんな彼女が今回、『けやき坂アベニュー』(AbemaTV)の取材にテレビ電話で応じてくれた。


 ガッキー(新垣結衣)に似ていると言われていることについて「見た目は似ていないと思います。でも笑うと雰囲気が少し似ている感じが出るので、みんなそう言うのかなと。でも似ていると言われると嬉しいです」と話す栗子さん。

 では実際どれほど似ているのか? 世界20カ国以上の警察や空港で使われている最先端の顔認証システムで検証してみると、その一致率は驚きの「96%」。アヨニックス代表取締役社長のヴラル・サディ氏は「大体人間の脳だと80%を超えると区別が難しくなります。90%を超えるとそっくりさん、珍しいですね。雰囲気とか骨格の構造、目の堀の深さとかも一緒です。やはり目の部分に特徴が多いので、2人は非常に似ていると言えます」と説明する。

 日本好きな親戚の影響もあり、小さい頃から自然と日本の文化に触れるようになった栗子さん。日本にも過去4回来たことがあり、一番好きな日本食は「ラーメン」だという。「えーと、ラーメンかな。中国と全然味が違うから。私中国の湖南省出身で、辛いものが大好きなんです。東京では辛い食べ物がほとんどなくてあまり思い出せなかったのですが、ラーメンにも唐辛子をたくさん入れると美味しいんですよ」。


 栗子さんが生まれ育ったのは、上海からおよそ1200km離れた湖南省のバイジャ村。人口約200人の土家族(トゥチャ)という少数民族の1人だ。地元のオススメ料理を聞くと「『ラァロウ』って知っていますか? 毎年、大体今くらい(旧正月)の時期になると、自宅で飼育している豚を食べます。その豚肉を山椒やコショウなどの調味料で味付けし、家のてっぺんに引っ掛けて煙で1カ月燻製にするんです。その肉が本当に美味しくて…今思い出して嬉しくなっちゃいました(笑)」と教えてくれた。

 気になる恋人の存在は「結構長期間いないです。(いない期間は)ヒミツです(笑)」と否定し、好きな男性のタイプについては「細くて背が高い人かな。『ごくせん』の時の小栗旬みたいに、アップの編み髪が似合う人ですかね(笑)」と明かした。


 現在、中国に日本を紹介するために大阪を訪れているそうで「私自身が日本の文化が大好きなので、もっと日本に来る人が増えたらいいなと思っています。また東京に行く機会があった時はみなさんよろしくお願いします」と番組にメッセージをくれた。

 なお、Instagramのハンドルネーム『栗子』は小栗旬の大ファンであることが由来で、『花より男子』で好きになってから10年以上変わっていないという。すでに日本の芸能プロダクションからオファーがあったそうだが、言語の理由などから大学卒業まで慎重に考えているという。

(AbemaTV/『けやき坂アベニュー』より)


次回『けやき坂アベニュー』は2月4日(日)12時から!「AbemaNews」チャンネルにて放送

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000