野呂佳代、パンサー向井のセフレに選ばれる「緩急つけて頑張ります」

 1月25日、AbemaTV(アベマTV)にて極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱がMCを務める『極楽とんぼKAKERUTV』(毎週木曜よる9時〜10時)にて「エロい女にオファーをカケル!向井のセフレオーディション」が開催。向井のセフレ候補として登場したAV女優の葉月美音がこれまでのセフレ歴を明かした。

 この企画は、同番組のアシスタントMCを務めるお笑いコンビ・パンサーの向井慧がもっとお笑いタレントとしてブレイクするためには「遊ぶことが必要」ということで開催された向井のセフレを選ぶオーディション。番組には、最終オーディションに残ったというグラビアアイドルの三宿菜々、AV女優の葉月美音、タレントの野呂佳代が登場した。

 葉月は「向井さんのセフレになりたくて来ました」と自己紹介。加藤から「過去にセフレになったことはあるんですか?」と問われると「あるんですけど。私、吉本の芸人さんだけなくて、他事務所のホリプロさんとかワタナベエンターテインメントとか。吉本さんだけないので、これはと思って応募しました」と明かした。

 また、三宿も番組中盤に山本から「あなた、セフレけっこう経験があるでしょ」と尋ねられ「そうですね」と回答。「言える範囲でいいからイニシャルでもいいなさい」と詰められると三宿は「一事務所一人って決めていて、吉本さんはまだいないんで大丈夫です」と告白した。これに対し、葉月は「一緒だね」と仲間意識を持ったようだが、野呂は「私、嫌なんですけど。一緒にされるの嫌なんですけど」と本気で顔をしかめた。

 しかし、厳正なる審査の結果、「向井の女友達オーディションだと思って来た」という一番ノリ気ではない野呂が向井のセフレに選ばれた。野呂は「本当に緩急つけて頑張りますのでよろしくお願いします」と本気とも冗談とも取れない挨拶をし、審査員からは「おめでとう!」の声が上がっていた。

(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000