乃木坂46の「三人姉妹」衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里が出演する舞台が本日開幕


乃木坂46の衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里が出演する舞台「三人姉妹」が、本日1月17日に東京・博品館劇場にて開幕。これに先がけて、ゲネプロと囲み会見が行われた。


会見には舞台で着用する衣装に身を包んだ3人と、演出を担当した赤澤ムックが出席。まず久保が自分の役所について「イリーナ役をやらせていただきます。イリーナは三姉妹の末っ子なんですけど、妹っぽさがすごく強いなと思っています…」と語る。トップバッターの緊張からか途中言葉を詰まらせてしまう久保に対し、お姉さん役の衛藤が「緊張してるの?」と声をかける場面も。この言葉にほぐれたのかその後、久保は「見所は全体的に末っ子感がすごく出ているので、そこに注目してほしいなと思います!」と力一杯続けていた。長女のオリガ役の衛藤は「中学校の女教師で、役的に常に疲れております。ため息もすごく多いし(笑)テンションもあまり上がらない。声は張らないと通らないのでそこは稽古ですごく難しいと感じた所です」と苦労話を明かしつつ、「そういうのは気にせず、舞台のセットもかわいいので、頭で考えずにすんなり世界観に入っていけそうだと思いました。楽しみです」と意気込んだ。最後に次女のマーシャ役の伊藤は「人妻役なんですけど、冒険をしたいと思ってる不思議な役です。見所は1人1人のキャラクターが立っているし、舞台に立ってるだけで絵になって、瞬きも勿体ないと思うのでそういう所を注目していただきたいと思います」とアピールした。


続いて舞台稽古期間の苦労したことについて聞かれた久保は「毎日すごく楽しいなと思ってました」と明かしつつ、苦労したポイントについては「テンションが高いのでそれをキープしてるのは大変だったかも」と語った。衛藤は「台本を読んで、自分の演じるキャラを理解できないシーンがありました。けどムックさんから『あまり深く理解しすぎない方が良いよ』ってアドバイスを頂いてから、客観的に自分の役を見て、共感できる所はしていました。乃木坂でも年長の方なので、”お姉さん”としてリンクするなと考えながらやっていました」と語り、伊藤は「他の人が喋ってるときにその話を聞いていないということが多い役なんですけど、どうしても聞きたくなっちゃうので、そういう時に『私はマーシャ』って思い込むのに苦労しました」と話した。


ここで演出を手がけた赤澤から3人に対する印象が語られた。衛藤については「優等生キャラって言われてみたいですけど、それは努力家だからなんだなって思ったり。例えば今日の稽古で消化できないことがあっても翌日には確実にそれを超えてくる凄みがあります」と評価。続いて、伊藤は「パッションというか感性が豊かなので、こっちがコメントしたことに対して思いがけない所から返して、しかも正解の道を突き進める強さがある」とコメントし、久保には「稽古場のマスコットキャラのように愛されて彼女がいることで一切ギスギスせず進めたと思います。体当たりで頑張っているので本番がとても楽しみです」と期待を寄せた。


記者から「衣装が印象的で若い人からスカートが短いですけど、それに対してはいかがですか?」と質問が飛ぶと、衛藤は「確かに」と一言。その後「この衣装は衣装さんと何回もフィッティングして、最初着た時は体にフィットしすぎて動けなかったりとかで。3回くらい直して、すごく丁寧に作って頂いた衣装です」と胸を張る。そして髪型については「最初はびっくりしました(笑)。絵コンテを見た時は”その通りにくるのかな?”と思いましたけど、『その通りにきた!』と(笑)」と衛藤がエピソードを語った後で、「すごく不安ですけど大丈夫ですか?」と記者に逆質問を投げかける。「マダム感が半端ない」「そんな中学の先生だったら男の子はたまんないと思います」と感想が上がると、これに彼女は「えー(笑)! そんな風に見られちゃいます? (女性だらけの現場だったので)斬新な意見です」と笑みを浮かべていた。


また3姉妹を演じることについて「普段の乃木坂では1期(衛藤)、2期(伊藤)、3期生(久保)ということもあってあまり濃い時間を過ごしていないメンバーですけど、『三人姉妹』なので期ごとの関係性も活かせると思います」と衛藤がコメント。続けて「3人で仲良くなる努力はしたんですか?」という問いに久保が「元から話しやすい先輩でしたし、メイクとかも教えてくださるし、実際にやってくださるんですよ。ほんとにお姉ちゃんみたいです」と返す。これに間髪いれず衛藤が「でもこの子、塗ったネイルをすぐにぐちゃぐちゃにしちゃうんですよ」と暴露すると、恥ずかしそうに久保は「言っちゃダメっていったじゃないですか(笑)」と照れ笑いを浮かべ、まるで本物の姉妹のような仲の良いやり取りを展開した。


舞台「三人姉妹」はロシアの文豪チェーホフの四大戯曲の1つで、モスクワへの帰郷を夢見ながら理想と現実の狭間で揺れ動く姉妹の姿を描く。共演には五十鈴ココ、岡田あがさ、美翔かずき、汐月しゅう、春川芽生、立道梨緒奈、柿丸美智恵、東風万智子が名を連ねた。本日1月17日から2月4日まで東京・博品館劇場にて上演中。


なお、乃木坂46のアンダーアルバム「僕だけの君 ~Under Super Best~」の発売を記念したスペシャル番組「乃木坂46アンダーを徹底解剖!『もう一つのアンダーベスト』」がAbemaビデオにて期間限定で無料配信中。残念ながら見逃してしまったファンはぜひチェックを。


▶︎「乃木坂46アンダーを徹底解剖!『もう一つのアンダーベスト』」無料配信中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000