将棋・藤井聡太四段、佐藤天彦名人に勝利! 次戦は羽生善治竜王と公式戦初対決

 将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が1月14日、朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメントに出場し、1回戦で澤田真吾六段(25)、2回戦で佐藤天彦名人(29)に勝利し、ベスト4進出を決めた。藤井四段が現役のタイトル保持者と公式戦で対局するのは今回が初めてだった。同大会では別ブロックで羽生善治竜王(47)が勝ち抜いており、準決勝で公式戦初対決となることも決まった。

 新春早々、またも藤井四段が快挙達成だ。1回戦、難敵・澤田六段に54手の短い手数で勝利すると、続く2回戦では佐藤名人と対戦。これまでテレビ番組の企画などでは現役タイトルホルダーと戦ったことはあったが、この日は初の公式戦での対決。「貴族」のニックネームを持つ佐藤名人に対し、中盤以降リードすると、そのまま押し切った。藤井四段が優勝すれば史上最年少の棋戦優勝記録達成となる。


 この結果、藤井四段は将棋界の第一人者で「永世七冠」を達成している羽生竜王と、準決勝で公式戦初対決が決定。対局後には「名人に勝てたのは、早指し戦でもとても自信になりました。羽生竜王は私が将棋を始めたころからの憧れの存在ですので、対戦できるのはうれしいことですし、公式戦でまた公開対局でもあるので、いい将棋をお見せできればと思います」と抱負を語った。2017年の将棋フィーバーの中心にいた2人の対戦が、2018年も1月から大きな話題を生み出しそうだ。


 藤井四段と羽生竜王は、昨年初にAbemaTVの対局企画「炎の七番勝負」で初対決。非公式戦ながら藤井四段が勝利し、大きな話題になった。その後の非公式戦では羽生竜王が勝利している。

(C)AbemaTV

▶第11回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント1-2回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000