AbemaTVキャスター西澤由夏 相撲初心者が場所直前の相撲部屋に「とても神聖な場所」

 新たな女性相撲ファン「スー女(すーじょ)」誕生の予感だ。AbemaTV専属キャスターの西澤由夏が1月13日、明日14日からの初場所を直前に控える九重部屋を訪問した。力士たちのサイズに合わせた造りの建物、神聖な雰囲気漂う土俵などに、24歳の相撲超初心者の西澤は興味津々。「空気が澄み切っている気がします」と、もともとは神事である相撲独特の雰囲気を存分に味わった。

 手入れが行き届いた土俵に、清めの塩。そして神棚。都内にあるとは思えないほど、相撲部屋にある土俵は異空間だ。本場所でも相撲を見たことがなかった西澤が、一般人ではなかなか入れない相撲部屋に入っただけに、余計にインパクトがあった。「神聖な場所というイメージはあったんですけれど、実際に部屋に来て、土俵を見て、本当なんだなと思いました。とても空気が澄み切っている気がします」と感想を口にした。


 一般社会にはないものにも驚いた。取材前、トイレを借りると様々な「力士サイズ」のものに驚いた。「ドアが、みなさんの想像する以上に大きくて。スリッパも大きいし、なんだか自分が小さくなった気持ちになりました」と目を丸くした。体重にして自分の3人分以上はあろうかという大きな力士が、部屋のあちこちを歩き回っている。不思議の国に迷い込んだような錯覚を起こすのも無理はない。


 AbemaTVでは初場所から中継が始まるだけに、西澤の目に取組が映ることも増える。「人柄とか、取組の合間に見える表情とかに注目したいと思います」。15日間を終えた後、すっかりスー女の仲間入りしている可能性は、十分にある。


(C)AbemaTV


▶大相撲初場所初日 幕内の取組はこちら


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000