将棋・羽生善治竜王がベスト4入り 藤井聡太四段と公式戦初対局の可能性も/朝日杯将棋オープン戦

 将棋の羽生善治竜王(47)が1月13日、朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメントに出場し、1回戦で高見泰地五段(24)、2回戦で八代弥六段(23)を続けて破り、ベスト4進出を決めた。

 1回戦では絶妙な指し回しを見せ130手で快勝すると、2回戦は164手に及ぶ激戦を制した。持ち時間各40分の早指し戦ながら、勢いのある若手相手に堂々と2局戦い抜いた。公開対局だったが、対局後にはファンの前で「1年が始まったばかりですが、新たな気持ちでリフレッシュして進んでいきたいと思います」と語ると、ファンからも拍手が送られていた。


 トーナメントの隣のブロックには中学生棋士の藤井聡太四段(15)が入っており、藤井四段が勝ち抜いてくれば準決勝で、羽生竜王と藤井四段が初めて公式戦で戦うことになる。AbemaTVでは、藤井四段らが戦う14日の本戦トーナメントを生中継する。

(C)AbemaTV

▶第11回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント1-2回戦


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000