荒い編集や自然体の姿は“親近感”に、同世代から支持を集める「高校生YouTuber」の素顔

「結構見ます。1日3時間とか」(高校2年生・女性)

「言ってた言葉をそのまま友達に使うことはある。言葉が流行るみたいな」(高校3年生・女性)

「流行りとかを見るのに使えるので、なかったら困る」(高校1年生・女性)


 このような声があがるのは「YouTuber動画」だ。YouTuber動画とは、単にYouTubeにアップされている動画ではなくYouTuberがアップしている動画のこと。原宿を歩く中高生およそ200人に「よく見る映像コンテンツ」を聞いてみると、1位は「YouTuber動画」(127人)で2位が「テレビ」(80人)、3位「DVD」(5人)、4位「ネット配信動画」(4人)と続く。


 いまや若者に絶大な影響力を持っているYouTuber動画。YouTuber=大人と想像しがちだが、現役高校生のYouTuberも同世代を中心に多く支持されている。『原宿アベニュー』(AbemaTV)では、そんな「高校生YouTuber」の素顔に迫った。


■チャンネル登録数約30万人のめがね「ちょっと荒々しいからこそいい」

 大阪府に住む高校3年生の人気YouTuberが「めがね」。自身のチャンネル「めがねっとわーく。」の登録者数は約30万人だ。女子高生ならではのメイク動画やビューティー動画はもちろん、フリートークやオリジナルのキャラに扮したコント風動画を発信し人気を集めている。

 この日は「新年一発目の動画」を撮るために着物を着用。撮影に使うのはスマートフォンのインカメラと三脚のみだ。まず撮影したのは動画の挨拶パートだが、撮影後すぐに動画の内容をチェックしたり撮り直したりはしないという。「YouTuber(の動画)ってテレビと違ってしっかりしてないけど、そういうのが親近感だと思う。ちょっと荒々しいからこそいい」。


 続けて「新年の抱負を交えたオリジナル漢字を作ろう」というテーマに沿って、アドリブで撮影を行っていく。撮影中のスタッフとの会話は、そのまま動画に盛り込まれている。


 撮影を手伝うお母さんは、YouTuberになった娘について「(動画を)あまり見ないので実感が湧いてない。反対するつもりはないけど、自分の中では(めがねではなく)娘。ちょっと恥ずかしい」と話す。

 撮影を終えたあとは編集作業に入るが、使用するのは撮影にも使ったiPhoneのみ。原宿アベニューの番組スタッフが通常行っている編集作業は、撮影→パソコンに取り込み→編集→書き出しという工程。それをめがねはスマホのアプリだけでこなしていく。1分半の動画を半分にするのにかかった時間はわずか2、3分。スマホだけで撮影・編集を完結させる理由について「いま高校生で携帯を親に与えてもらっているじゃないですか。それを使わずしてパソコンが欲しい、カメラがほしいっていうのはちょっと違うと思う。高校生までは(スマホで)やりたい」と考えを明かした。


 そんなスマホの中には、今後やりたい企画もメモされている。公園では、子どもが遊んでいる姿や冬の寒い環境などちょっとしたものをヒントにし、8分で10個ものアイデアが生まれた。


 最後に「どんなYouTuberでありたいか」と質問するとめがねは「身近に感じて欲しいと思っている。すごいタレントさんでもないし女優さんでもないから、身近に感じて欲しい」と話した。


■幼馴染3人組・ぴーかっぱあっぷる「カメラを忘れて遊びを撮っている」

 いま話題の高校生YouTuber3人組が「ぴーかっぱあっぷる」、通称「PKA」。高校2年生のゆうぴーまん、かっぱ、あっぷるからなるYouTuberチームで、3人とも小学校・中学校が一緒の幼馴染だ。動画を投稿したきっかけは動画コミュニティアプリ「MixChannel」。中学3年生の時に投稿した双子ダンスが人気となり、もっと自分たちを見てもらいたいとYouTubeへの投稿を始めた。


 PKAファンが指摘するのは「見ていて和む」「男女なのにこんなに仲がいいんだなと。いいなって思います」という3人の仲のよさ。動画を撮っている時は「カメラを忘れていつも遊びを撮っている感じ」(ゆうぴーまん)だという。


 この日、撮影を行ったのはかっぱの家。動画撮影の役割分担は企画、撮影機材の準備、編集、アップ作業など全てゆうぴーまんの担当だ。動画撮影のこだわりは「自分が鏡で見ている顔を映すこと」で、動画は左右を反転させて公開している。

 この日は6本の動画撮影と生配信という過密スケジュール。撮影の連続に疲れを見せる3人だが、動画の投稿にノルマがあるわけではない。「登録者が楽しみに待っている」(ゆうぴーまん)、「絶対にやらないといけないと思っている自分がいる」(かっぱ)、「諦めることはない」(あっぷる)と、カメラが回っているところでは元気な姿を見せる。撮影終了後、「自分が疲れた時に『疲れた』と言える」(かっぱ)、「他の子だったら続けていない」(あっぷる)と幼馴染だからこそ成り立つ関係であることを明かした。


 3人はいまや人気YouTuberとして単独イベントなども実施している。現在の状況についてゆうぴーまんは「いまでも信じられなくて。遊びからこんな感じになっているから」と実感が湧いていない様子だ。また、3人とも東京から離れた地方に住んでいることについては「住んでいるところに関係なく、きっかけがあれば誰でも有名になれるし、誰でも携帯ひとつあれば投稿できる時代ですね」と話した。

 近年増えている高校生YouTuber。その背景についてYouTuber専門家の植野敏昭氏は「趣味で始めた投稿が、親近感などが得られるといった理由から人気になり、結果的にお金を稼げるまでになるといったケースが最近の流れ」と分析。PKAの場合は、ミックスチャンネルでの『双子ダンス』がトレンドに引っかかったと言える。

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)


『原宿アベニュー』は毎週土曜日 12:00~14:00「AbemaNews」チャンネルにて放送!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000