今年の世界10大リスク首位に「中国の影響力拡大」、若者の認識は?

 アメリカの調査会社ユーラシア・グループは2日、2018年の世界における「10大リスク」を発表。「中国の影響力拡大」を首位にあげた。このニュースについて若者はどのような意見を持っているのか、『原宿アベニュー』(AbemaTV)は原宿の若者に聞いてみた。


「今まで中国は下請け工場のイメージが強かったけど、日本の大企業が中国に買収されている現状を見ると、そういう時代ではなくなってきていると思った」(22歳・女性/大学生)

「いまアメリカに留学しているが、クラスメイトの4割くらいは中国系の人。アメリカ国籍でも中国人は多くて、人口も多いしエネルギーがある国だと思う」(25歳・女性/大学生)

「大学で中国語を習っていて、周りにも中国人で同じ大学に通う人がいる。最近、中国が来るかなって思い中国語を習い始めた」(19歳・女性/大学生)


(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)


『原宿アベニュー』は毎週土曜日 12:00~14:00「AbemaNews」チャンネルにて放送!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000