高校生恋愛リアリティショー『今日、好きになりました。』同窓会で恋の新展開が発覚「収録後にLINEで…」

 毎週月曜日よる11時から放送中のAbemaTV(アベマTV)『今日、好きになりました。』(通称『今日好き』)。8日は、1日に放送されたお正月スペシャルの続きとして、Twitter投票でもダントツ人気だったメンバーたちの同窓会が放送された。

 『今日好き』とは、彼氏・彼女のいない現役高校生たちが一泊二日という限られた時間の中で本当の恋を見つけられるか? を追った青春純愛リアリティショー。ルールは男子3名に対して女子5名。そして「告白する権利があるのは、女子のみ」。


 出演したのは、第3弾(レギュラー化初シーズン)メンバーの吉永江利(ちゃんえり)、比嘉延理(えりちょぱ)、前田まはる(まっぴー)、浦西ひかる(ひかる)、早川渚紗(なぎさ)、松藤健介(ケン)、高橋龍之介(リュウ)、黒澤胤也(クロちゃん)。


 このうちカップルが成立したのはリュウ×まっぴー、ケン×なぎさの2組だったが、メンバー同士、仲が良いことに変わりはない。そんな8人が再集結し、改めて自分たちが出演したVTRを見ながら、今だから話せる“裏側”エピソードを次々とぶっちゃけた。


 リュウ×まっぴー、ラブラブ過ぎた告白シーンを謝罪!?

 1日放送回では、ちゃんえりが、なぎさとクロちゃんとともに観覧車に乗っていた時に「ここから飛び降りようと思った」と告白。これは気になる男子の観覧車に女子が乗り込むという企画で、2人がクロちゃんのことが気になっていることは明々白々なのにもかかわらず、クロちゃんは気になっている女子として「なぎさ」と回答。ちゃんえりが所在なさげにするように、コメント欄も「言い方考えて…」など、胸を痛める声が投稿されていた。

 8日放送は、女子が男子に告白するシーンからスタート。リュウのところにはまっぴーとえりちょぱが向かい、リュウはまっぴーを選んだ。そしてリュウがまっぴーと抱き合う横で、手で口をおさえるえりちょぱ。そして、そんなえりちょぱのことをちらりと見たリュウ。


 同窓会では、このリュウの視線が猛ツッコミで、全員VTRを止めて大騒ぎ! ちゃんえりが「あの目、なんなん!?」と斬り込むと、全員が手を叩いて同調。リュウは「やっぱり(振ったことが)気になったから。こういう目線になったのかな…」としどろもどろだが、えりちょぱは「この顔でー?」と反論。

 さらに、ケンが「この2秒後に、また抱き合ってるからな」と指摘すると、一同は「ひどいわ~!」と口を揃えた。ケンによれば、告白の展開を座って見ていた自分とクロちゃんも、まっぴーとリュウがすっかり2人だけの世界に浸っていたことに若干引き気味。VTRでは唖然として見つめるケンたちの顔がバッチリ映っており、そのときの心境を、ケンは「俺らも、こいつらヤバすぎやろ~って!ちょぱ(※えりちょぱ)の気持ち考えろって!」と、その時には言えなかった思いをぶちまけた。

 当事者であるえりちょぱは、「えりも(2人がカップルになったのは)嬉しかったしいいんやけど、(抱き合っている時間が)長すぎてマジでびっくりした」と祝福しながらも苦笑い。まっぴーとリュウは何も言えず、ただ「すみませんでした!」と2人揃って頭を下げるばかりだった。


ちゃんえり、収録後まさかの展開告白に一同騒然

 そしてクロちゃんに告白したのは、ちゃんえり。間違いなくカップルになると誰もが思っていた、ちゃんえりもだ。しかしこのとき、クロちゃんはちゃんえりよりもひかるに気持ちが傾いていて、ちゃんえりをフッてしまう。改めてその時のVTRを見ても、全員が「なんでー!?」「心が痛い」と言うほどだったが、当のちゃんえりは何やら余裕の表情。

 「(実は)そのあと、嬉しかったことあったけどな」と切り出すと、「クロちゃんが告ってきてくれはって…」と明かし、クロちゃんと見つめ合った。 このサプライズには他のメンバーも仰天し、「は?」「え?」「マジで?」「どういうこと?」「ちょまってまってまって」と、まさかの展開にスタジオは騒然。

 ちゃんえりによれば、収録後、クロちゃんがLINEで告白してきたのだという。そして気になるちゃんえりの回答は、「会ってなかったし、えりはフラれた時からもう友達って感じやったから、フッちゃって」。 えりちょぱがクロちゃんに、一旦フッたのに、なぜまた自分から告白しようと思ったのかを尋ねると、クロちゃんは心残りがあったといい、「なんでフッたんだろうとずっと思っていて。ちゃんえりのことを考え過ぎて、逆に好きになっちゃった」と説明した。


 そして、メンバーの尋問は続く。 えりちょぱ「フラれてどう思った?」 クロちゃん「(フラれて一旦冷めたちゃんえりの)気持ちもわかるし、ちゃんえりが友達でいたいんだったら、もう友達として仲良くしようって」と回答。「今は、どう思ってるの?」というケンからの質問に対して「(好き度が)80%くらい」と答えるクロちゃんに対し、ちゃんえりは「(友達として)70%」「(恋愛としては)60%」と回答。明言を避けたようだ。

 クロちゃんとカップルになるにはなんとも微妙なところで、メンバーは「この後の展開が楽しみですね」「がんばれクロちゃん!」とワクワクを隠せない。

 ちなみにクロちゃんは、今後のちゃんえりにどういうアプローチをするのか尋ねられると、「(一緒に)出かけたいと思ってます」と距離をさらに縮めたい意思を明確に。デートについても「してみたいっす、よねえ…」と言いながらちゃんえりのほうを見ると、ちゃんえりも見つめ返し「はい」と答えた。これにはメンバーも大歓声。告白後にカップルが成立しそうという展開に、ちゃんえりの隣にいたひかるのほうが赤面するほどだった。

 ちなみに後日スタッフがクロちゃんを呼び出して、真意を聞いてみると、「もう一回話してみたい」「(ちゃんえりが)喜びそうなものを用意したい」と大の本気。クロちゃんの動向にも目が離せない!


成立したカップルのその後は…

 ケンにはひかるとなぎさが告白。ケンが選んだのはなぎさだったが、その時フッたひかるに、収録後謝ったことを明かす。「すぐ電話して。放送みて、こんな思ってくれてたって知らなくて…。ずっと(ひかるは)クロちゃんクロちゃんって思っていたから。あんな思ってくれてるって思わなくて、ごめんなって」というケンに対しひかるは、しれっと「覚えてない」。なんとも冷たい回答に全員爆笑だが、仲が良いから、そして今だからネタにできること。告白してフラれたえりちょぱ、ちゃんえり、そしてひかるという女子3人が余裕の回答を見せるあたり、少し成長したことがうかがえる。

 そして、放送でカップルになった2組は、今どうなのか。まっぴーとリュウは、「順調に仲良くやってます」。ケンは、ここでも「オレと(リュウが遊んで)いるのにラブラブツイートとかもするしさ、イチャコライチャコラ、ほんまになんやねん!!」と2人をイジり倒す。

 そんなケンは、なぎさとの関係について、「忙しいのと、遠距離っていうのもあるし…。むちゃくちゃ話し合って、友達に戻ろうか、みたいな。お互いにがんばりたいことがあるから、応援しあってがんばろうという感じに」と説明。そして、なぎさとは友達に戻るものの、リベンジには意欲をのぞかせる。「(また)出てみたいっていうのもあるっちゃありますね」と言ったケンに、「こっちだってリベンジしたいもんねー!」とひかるが黙っていない。


 次回放送の第6弾は1月29日よる11時から放送。男子5人女子3人という今までのルールとは真逆の人数設定で行われる新シーズンだが、恋の行方は果たして…。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000