高校生恋愛リアリティショー『今日、好きになりました。』メンバー同窓会で裏話を次々暴露

 毎週月曜日よる11時から放送中のAbemaTV(アベマTV)『今日、好きになりました。』(通称『今日好き』)。1日は、お正月スペシャルとして、Twitter投票でもダントツ人気だったメンバーたちの同窓会が放送された。

 『今日すき』とは、彼氏・彼女のいない現役高校生たちが一泊二日という限られた時間の中で本当の恋を見つけられるか?ということに追った青春純愛リアリティショー。ルールは男子3名に対して女子5名。そして「告白する権利があるのは、女子のみ」。


 女子メンバーの吉永江利(ちゃんえり)、比嘉延理(えりちょぱ)、前田まはる(まっぴー)、浦西ひかる(ひかる)、早川渚紗(なぎさ)と、男子メンバーの松藤健介(ケン)、高橋龍之介(リュウ)、黒澤胤也(クロちゃん)があらためて自分たちが出演したVTRを見ながら、今だから話せる“裏側”エピソードを次々とぶっちゃけた。

(左からなぎさ、ケン、まっぴー、リュウ)

(左からえりちょぱ、ひかる、ちゃんえり、クロちゃん)


クロちゃんのキメ過ぎた前髪の秘密が明らかに

 VTRが始まり、初々しい姿に「恥ずかしい!」「(この頃)幼い」など、全員が数ヶ月前の自分に照れまくるなか、クロちゃんは「本当にやだ、この髪型」と絶叫。初登場シーンのクロちゃんのキメ過ぎた髪型には気になったメンバーも多かったようだが、まだ初対面でそれにツッコむ猛者はいなかったのだ。その時の雰囲気を、ケンが「オレもびっくりした、なにこれ?って」とぶっちゃけると、クロちゃんは「友達にやられたんだよ。ほんとに、自分でやったんじゃないの!!」と弁明を開始。「寝坊して、セットするヒマなかったの。男子はみんなするんだろうなと思って…」と、あくまで髪型をセットしたのは友人の仕業であることを強調した。

 そしてこれまでの交際人数に「60人」と答えたリュウには、「本当に60人なの!?」と全員で猛ツッコミ。今ではリュウとカップルになっているまはるも、オンエアをみて気になって仕方がなかったようだが、「(この頃、自分に対して)“さん”づけなのが今になったらいやだ」とポツリ。今ではすっかりラブラブな関係であることをほのめかした。


ちゃんえり、観覧車で「ここから飛び降りようと思った」

 まず向かったのは、遊園地。男子が乗ったところに女子が乗り込むという企画で、ケンのところに行ったのはひかる。クロちゃんのところにはちゃんえりとなぎさ。そこでクロちゃんは、第一印象として気になった人を聞かれ、堂々と「なぎさだった」と回答。

 ちゃんえりのことはガン無視で、この時の心境をちゃんえりは「ここから飛び降りようと思った!」と振り返る。クロちゃんは「ごめんな、ほんとごめんな!!」と大焦りで、「焦ったから何言っていいかわかんなかったの。ごめんな、ほんとに」とうなだれるばかり…。さらにこの時クロちゃんは、窓の外を見てたそがれてしまい、クロちゃんと目を合わせないちゃんえりに誰が気になっていたのか聞く始末。出演陣から「ヒドイ!!」とこき下ろされていた。

 しかしその後のゲームで勝ったクロちゃんは、2ショットの相手にちゃんえりを指名。さきほどの行動を挽回しようと思ったのかもしれないが、今度はなぎさが「辛かった」と当時の胸中を吐露。「男子って、なんにも考えないで行動してたけど、女子の喜怒哀楽やばかったから!!」というえりちょぱに、ケンは「全員と話したかったから…。リュウみたいにこの人だけって思えなかった」と、悩みがあったことを力説した。


別の女子と距離を縮めたケンの“勘違い”が判明

 宿泊先ではハロウィンパーティー。男子では一人残ったケンが料理担当、ケンが気になっていたひかるはリュウたちと買い出しへ。するとここでケンとなぎさの距離が急接近、買い出しから戻ったひかるはその様子を目の当たりにして苦しむことに…。

 なぎさの袖をまくってあげるケン、ケンに“あーん”するなぎさ。もうすっかり出来上がった二人の距離感をVTRで見ながら、出演陣は「あーあーあーあーあー!!」と大はしゃぎ。この時のひかるの呆然とした表情に、まはるは「かわいそうで、(一人でみているときに)VTRを止めたから」と言うほどだ。

 ケンは「オレは、クロちゃんとひかるがイイ感じって聞いたから、邪魔せんようにって…」 と弁明するも、ひかるは「別に、(買い出しから)帰ったら普通にケンと話そうと思っていたのに…。けど、帰ったら話しかけんなっていう…(オーラが出ていた)」と反撃した。


女子たちの攻防戦「女子こわって思った」

 一方、なぎさとリュウが2ショットのときに猛攻したのはまっぴーとえりちょぱだ。気になる男子との2ショットトークを偵察にきた2人の行動に対し、クロちゃんは「女子こわって思った」と発言。この時の行動について、まっぴーは「なぎさはケンと仲良かったから、あれ、リュウにもいくんだって(焦った)」と解説。なぎさは「第一印象がリュウくんだったけど、いちばん喋ってないのがリュウくんだったから、一回くらい喋りたいって…」と当時を振り返る。

 その後、リュウとまっぴーが焼きマシュマロを“あーん”をし合う。「めっちゃオイシイ!」と感激してみせたリュウに、出演陣が「(味は)変わらんやろ!」と大笑い。リュウは、「変わる!変わるから!」と自身の印象を曲げないが、まっぴーも「心の中ではそんなに変わらんやろって(笑)」と笑った。

 その後、2ショットで、互いが両想いであることを確認し合うまっぴーとリュウ。そこに「おじゃましていいすかー!?」と突っ込んでいったえりちょぱ。実は二人がそんな話までしているとは思わず、素で行ってしまったのだというが、クロちゃんでさえ、「(二人が)イイ感じだから引き返したのに」と言うほどまっぴーとリュウのカップル感は隙がなかったのだ。

 部屋の中では、クロちゃんとひかるが親睦を深めていた。その2人は、「おなかいっぱいになった?」と話しかけたちゃんえりの目の前を、さーっと通り過ぎて外へ…。「クロちゃんは目があったのに…。めっちゃ辛かった」と明かすちゃんえり。このVTRに、他のメンバーも「ひどいーーー!!!」と悲鳴をあげ、いろいろな場面で自分の空気の読めなさが掘り起こされるクロちゃんは「なんで(ちゃんえりの言葉を)スルーしたんだろう…」と言うしかない。


ちゃんえり「絶対いけると思った」告白の裏側で何かが…

 翌日、最後の2ショット。ちゃんえりはクロちゃんに、なぎさもケンに想いを伝える傍ら、ひかるは大粒の涙。自分でもわけがわからないまま、涙が流れてきたと振り返るひかるに、えりちょぱは「がんばったな、ひかるん」と声をかけた。えりちょぱは、一番年下なのに、この面倒見の良さから、実は女子たちから「お母さんみたい」と慕われている。

 クロちゃんの気持ちを計りかねていたちゃんえりだが、最後の2ショットで「絶対いけるって思った」と言う。自分が好きなのはクロちゃんであるとハッキリ言い、それを受けてクロちゃんは「待ってるね」と答えたからだ。しかし現実として今、ちゃんえりとクロちゃんはカップルになっていない。その時はカップル不成立で終わっていたが、同窓会でちゃんえりが「クロちゃんが…」と意味深発言。ちゃんえりの発言を受け、一同は「え、え、え!?」と騒然。

 衝撃の事実が発覚する次回は1月8日(月)よる11時から放送。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000