朝青龍、スーパー・ササダンゴ・マシンの“マスク狩り”を予告/朝青龍を押し出したら1000万円

 元横綱・朝青龍が12月28日、AbemaTV「【ネット激震】朝青龍を押し出したら1000万円 危険すぎる挑戦者8人大集合SP」に生出演し、プロレスラーのスーパー・ササダンゴ・マシンのマスクを相撲しながら剥ぎ取る「マスク狩り」を予告した。

 朝青龍は、12月31日に放送される「朝青龍を押し出したら1000万円」で、格闘家のボブ・サップ、柔道家の泉浩、元大関・琴光喜のVIPチャレンジャー、5人の一般チャレンジャーの計8人と立会時の変化、張り手、カチアゲが禁止の特別ルールで相撲対決。挑戦者は勝利すれば1000万円が獲得できる。


 スタジオに登場したササダンゴが「想像以上に現役感があるというか。怖くて目が合わせられません」「まだ追加オーディションをする予定があるなら、(出場を)辞さなくもない」と弱気なコメントを発すると、朝青龍はニヤリ。マスクに目をやると「相撲とっているときにマスク外しても大丈夫ですか?」と、いきなりの“マスク狩り”を予告した。


 これには終始ビビリ気味だったササダンゴも「マスクマンにとってマスクというのは命の次に大事な物なので」と抵抗。それでも朝青龍は、記念撮影の際に早くマスクに手をかける予行練習を仕掛けるなど、その気十分だった。

(C)AbemaTV

▶朝青龍を押し出したら1000万円の視聴はこちらから


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000