私はプリンで将棋の女流棋士になった 里見咲紀女流初段「父のご褒美に釣られました」

 世の中には無数の教育法が溢れている。むしろそれだけ教育法に悩む人が多いということでもある。そんな中、ご褒美のプリンで将棋の勉強のモチベーションを高めた女流棋士がいる。AbemaTV「花の三番勝負 白黒はっきりつけましょう」の第3局に登場する里見咲紀女流初段だ。「父に見事に釣られましたね。成績に応じてプリンやパフェがもらえたので」と、少し恥ずかしそうに明かした。年頃の女の子にとって、デザートの魅力は将棋の勉強という苦しいものも凌駕する、絶大な威力があった。

 里見咲紀女流初段の姉は、女流棋士界のトップに君臨する里見香奈女流五冠。姉妹でプロ棋士となっていることから、将棋センスは持って生まれたものもあっただろうが、厳しい父の指導の影響か、里見咲紀女流初段はあまり将棋が好きではなかった。「父はめちゃめちゃ怖かったんですよ。私の経験を他の棋士の方に言ったら『それでよく続けたね』って言われるくらい」と首をすくめた。間違った手を指せば「そんな手は絶対にない!」と怒鳴られる。もう辞めると言えば「じゃあ辞めろ!」と突き放される。とにかくスパルタだった。


 ここで里見咲紀女流初段を将棋につなぎとめたのが、プリンだ。「父と1カ月100局指す、というのがありまして。何局以上勝つとプリン、さらに勝つとパフェみたいにグレードアップしていくんです。勝ち越すとフルコンボ、みたいな。私にはすごく効果的で、そのおかげで将棋していましたね」と、我が事ながら大笑いした。このほか父お手製の将棋ボードには詰将棋、定跡、ネット将棋と課題が並び、クリアする度にもらえるサインやシールを集めると、プリンをはじめとするデザートになった。


 学校のテスト勉強中だった娘に向かって「将棋のプロになれば、学校の勉強をしなくていいよ」とまで言った父の願いは、姉妹によるタイトル戦だという。当の里見咲紀女流初段は「はい、はいって聞き流していますけどね」と語ったが、必殺のプリンが再び威力を発揮すれば、その夢も実現するかもしれない。

(C)AbemaTV

▶「花の三番勝負 白黒はっきりつけましょう」第1局 香川愛生女流三段VS室谷由紀二段(1月1日 午後7時~)


▶「花の三番勝負 白黒はっきりつけましょう」第2局 飯野愛女流1級VS塚田恵梨花女流1級(1月2日 午後7時~)


▶「花の三番勝負 白黒はっきりつけましょう」第3局 中村桃子女流初段VS里見咲紀女流初段(1月3日 午後7時~)


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000