藤森慎吾、彼女の素行は彼女の友達から判断「胸元が開いた服にスカートで来られたら…」

 12月21日、AbemaTV(アベマTV)にて“恋愛→結婚リアリティーショー”『マリキュラム-出会って1か月で結婚する方法-(以下、マリキュラム)』(毎週木曜よる11時~)第6話が放送された。

 『マリキュラム』は結婚願望のある男女をマッチングさせ“結婚”というゴールを目指しながら『デート』『親友の紹介』『同棲』『式場探し』…など、結婚までの工程表8項目をクリアし、1か月間で結婚に辿り着くことができるのかを観察する新感覚のリアリティーショー。MCを務めるのは、お笑い芸人・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)とモデル・泉里香。

 1泊2日のマッチングキャンプで誕生した2組のカップルはそれぞれ初デートを終え、次の工程へと進むことに。出口詩織(以下「しおりん」、25歳、PR会社勤務)&永田隆馬(以下「りゅま」、27歳、モデル/俳優)カップルは、互いの親友を紹介し合うことに。マリキュラムを監修する婚活コンサルタント澤口珠子先生いわく、親しい友人を見ることで相手の普段の人柄や素をみることができるという。この説にはMCの藤森も大賛成。自身もいいなと思っている女性がいる場合、友達を含めた食事会を開催し彼女の友達をチェックすることを明かした。

 もんじゃ焼きを食べながら、りゅまはしおりんに大学からの親友を紹介。りゅまがかつては部活のキャプテンや生徒会副会長、スノーボードサークルの副部長を務めていたことを聞き、驚くしおりん。しかし「りゅまが愛情深いのは周りの人からも愛されているからなんだな」と、納得した様子を見せた。

 そしてりゅまがトイレに立ったタイミングでしおりんが親友に聞いたのは「私のことが好きだというのは仕事としてじゃなくて本当なのか?俳優のお仕事をしているから心配」ということ。それを受け親友は「今までの彼女といるとき同様楽しそうにしているし、確実に(りゅまはしおりんのことが)タイプだと思う」と優しい言葉をかけた。

 日が変わって、今度はしおりんが友達にりゅまを紹介する番。高校からの友達と大学からの友達2人をカフェで紹介することに。親友から高校時代のしおりんは男子からも女子からも好感度が高かったということを聞き、「本当に裏表のない素敵な人なんだな」と感じたりゅま。しおりんがトイレに立つと、親友から「仕事としてじゃなく本気で参加しているのか?」と質問を受けた。それに対してりゅまは「参加した当初から嘘はなにもついてない。もしそれが演技に感じられてしまったら、僕の責任」とハッキリ。

 また、芸能界の仕事について不安定なイメージがあるという親友たちに対して「正直不安定な仕事で、俺についてこいとは言えない」と語るいっぽうで「もし子どもが生まれたり、家族がピンチの時は?」という質問に対しては「それは話が違ってくる。家族を優先すると思う」と誠意を見せた。

 しおりんも戻り、りゅまは仕事のため先に離席することに。最後はきちんと親友2人にお礼を言い、しおりんにも挨拶をし、帰っていった。その一部始終を受け、親友2人は「礼儀正しい」「さすがだわ」「彼女だけじゃなくて彼女の友達とか家族も大事にしてくれるタイプ」と高評価。「聞いたことに対して誠実に答えてくれて、印象が良かった。しおりのこと凄く好きなんだなって思った」と話す親友の言葉に、りゅまに不安を抱いていたしおりんも「そこまで疑うことじゃないのかなって思いました。仕事のことも、柔軟に対応してくれるのかなって」と少し安心した様子。

 親友紹介の一幕に対し、スタジオの藤森は「りゅまの友達も優しそうで、しおりんの友達にも好感を持った。洋服選びがまずいい。胸元ざっくり開いた服にスカートとかで来られたら、普段はクラブとか行って遊んでるんじゃないの?って心配になるもんね」と、彼女の友達を見て彼女の素行を判断する着眼点を披露。しおりんのため、少し攻め気味に突っ込んだ質問をしてくる姿勢にも「友達想い」と高評価した。

 最後にりゅまは東京タワーの見える綺麗な場所にしおりんを呼び出し「僕はしおりんが好き。結婚を前提に付き合ってほしい」と改めて告白。しおりんは今までのデートや出来事を振り返りながら「私もりゅまが好き」と返事をし、まだ記入できていなかった婚姻届けに判を押した。お願いします、と微笑み合う2人。2人の結婚に向けたマリキュラムは加速していく。

 次回(12月28日よる11時~)の『マリキュラム』は物件探しの巻!寝室を別けようと提案するりゅま、理解できないしおりん!2人に亀裂が生まれて…!?次週もお楽しみに!


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000