コーエー、カプコンより提訴されていた特許侵害訴訟に一部勝訴

 14日、人気ゲーム「戦国無双」などを販売する株式会社コーエーテクモゲームス(代表取締役社長:鯉沼久史、以下「コーエー」)が、ゲームソフト大手の株式会社カプコン(以下、「カプコン」)」から提訴されていた特許侵害訴訟に一部勝訴したと発表した。

(画像はコーエーテクモホールディングス公式Webサイトよりスクリーンショット)


 カプコンは2014年7月4日、コーエーが人気ゲーム『真・三國無双』シリーズ・『戦国無双』シリーズ、『零』シリーズが2件の特許権を侵害しているとして、約9億8千万の損害賠償を求め大阪地方裁判所に提訴していた。そして今月14日、その判決が下された。大阪地裁の高松宏之裁判長はカプコンの訴えを一部認め、517万円の支払をコーエーに命じた。


 これに対しコーエー側は、賠償請求額の大半を占める『真・三國無双』シリーズ・『戦国無双』シリーズの特許のカプコンに対する請求棄却判決に関しては「当社の主張が正当なものであったことが裁判所によっても認められたものと考えている」とコメント。その一方で『零』シリーズの特許に関する判決には「当方の主張が認められず、甚だ遺憾」としている。


 訴状によれば、カプコンは、コーエーのアクションゲーム『戦国無双』とホラーゲーム『零』シリーズの機能に特許の侵害があると主張していた。『真・三國無双』や『戦国無双』にはゲームソフトにシリーズの別ソフトを読み込ませれば、ゲーム中で使える登場人物などが増える機能がある。判決は、『戦国無双』の機能についてはカプコンの主張を退けた。一方、『零』のゲーム中、特定場面でコントローラーが振動する機能については特許権侵害を認めた。


 コーエーは『真・三國無双』シリーズや『戦国無双』シリーズの他にも『信長の野望』などのヒット作がある。一方のカプコンも『戦国BASARA』や格闘ゲーム『ストリートファイター』などの人気ゲーム作品で知られている。


参考:特許侵害訴訟の一部勝訴判決に関するお知らせ(株式会社コーエーテクモホールディングス)

⇒ AbemaTV(アベマTV)では「アニメ24チャンネル」「深夜アニメチャンネル」「新作TVアニメチャンネル」「家族アニメチャンネル」「なつかしアニメチャンネル」の5つの専門チャンネルで、多彩なジャンルのアニメ作品を毎日放送中。


Abemaビデオなら見逃したアニメの番組がいつでも見放題!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000