佐藤健、映画撮影中に岡山で「ナイーブ」ダンスを自主練 「お風呂の中でも…」

 12月7日(木)、東京・新宿ピカデリーにてナイーブ×『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(12月16日全国ロードショー)のプレミアムイベントが行われた。登壇したのは、同作で主演を務め、ナイーブのCMキャラクターを務める佐藤健。

 岡山県に住む実在のカップルに起きた奇跡の実話を原作とした同作。2人の物語は、YouTubeに投稿された動画をきっかけに「奇跡の結婚式」「感動の実話」として一気に話題が広がり、TVや新聞、ネットなど数々のメディアで取り上げられ、海外にも拡散、2015年7月に『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』として書籍化もされている。結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を土屋太鳳が、8年間待ち続けた新郎を佐藤が演じた。


 撮影は物語の舞台となる岡山を中心に、広島、香川など瀬戸内海エリアでオールロケで行われており、佐藤は撮影期間中、一回も東京に帰らず岡山に宿泊していたという。

 

 佐藤がグレーのスーツ姿でダンスを踊るのが印象的な「ナイーブ」のCMだが、『8年越しの花嫁』撮影期間中にそのダンスの練習をしていたそうで、「岡山のスタジオを借りて、休みの日とかに一人で練習していました」「高校時代、ブレイクダンスはしてたんですけど、立って踊る経験はないので。ただの素人が岡山で一人練習して。最初びっくりするくらいできなかった。ただの頑張り屋さんですよ(笑)」と振り返った。


 撮影は宝塚OGのダンサーたちと行われたそうだが、本番も大変だったようで「息を合わすのが難しかった。ハットを飛ばすのも、誰か一人でも人に当てちゃうと撮り直しになっちゃうんで大変でした」とコメント。さらに「お風呂の中でもナイーブを使って練習していました。(足元の)滑りが良くなるから(笑)」と冗談まじりに語り、会場の笑を誘った。

テキスト:堤茜子

写真:長谷英史

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000