川崎麻世 ジャニーズ合宿所時代の山下達郎との思い出を披露 近藤真彦主演『ハイティーン・ブギ』誕生秘話も

 タレントで俳優の川崎麻世が自身のアメブロで、ジャニーズ合宿所時代の思い出をつづっている。川崎は1976年から1989年まで、ジャニーズ事務所に所属していた。

川崎麻世オフィシャルブログより

 川崎は、3日に更新したブログで、舞台で共演している大地真央に、山下達郎・竹内まりや夫妻からの花を見つけたといい、それをきっかけに2人の思い出を紹介。


 「この間その竹内まりやさんが観に来られた時に 楽屋ロビーで竹内まりやさんからうちの主人が以前麻世さんとお逢いしたお話をしていましたと」「僕は以前ジャニーズ事務所にいて合宿所に山下達郎さんがマッチの歌の打ち合わせでいらした時に数回お逢いしましたと答えた」と、竹内と思い出話で盛り上がったことを明かした。


 竹内からは「確か麻世さんが主人の歌を広めてくださったと主人から伺いました」という話があり、川崎も「あっ!そうだ!僕は山下達郎さんが大好きでよく聞いていたし歌ってました!」「やがて合宿所で山下達郎さんの歌がブレイク そこでジャニーさんが山下達郎さんにマッチの『ハイティーンブギ』の作曲を依頼した記憶を思い出した!」と、竹内との会話から数珠つなぎに昔の出来事が思い出したようだ。


 「ハイティーン・ブギ」は近藤真彦主演の映画「ハイティーン・ブギ」の主題歌で、同じく近藤真彦が歌い1982年にリリースされた。


 ファンからは、「「ハイティーンブギ」懐かしいですね~映画も観ました~昔の事って意外に覚えてますよね」「マッチさんのハイティーンブギの歌、映画、懐かしいです。 そんな秘話があったのですね。」「映画見に行きましたよ 懐かしいです。」など、たくさんのコメントが寄せられた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000