宮沢りえ、クリスマスに欲しいものを告白「10代の頃から…」

 11月14日、丸の内TOEIにて『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(2017年12月2日全国公開)のジャパンプレミアが開催された。登壇したのは、主役のムーミントロールの声を務めた女優の宮沢りえ、声優の森川智之と朴ロ美、主題歌「ウィンターワンダーランド」を担当したサラ・オレイン、そしてムーミン、スナフキン、ミイの7名だ。

 自身も小さい頃からムーミンが大好きだったという宮沢は、今回の抜擢について「ドキドキしました。自分の声がムーミンの体と表情に重なった時にどういった感じになるのか。新しいムーミンとしてみんなに受け入れていられればと」とコメント。今回のムーミンの魅力についても「いつも冬眠してしまうムーミンが初めての冬を経験して、“クリスマスさん”を迎えるというストーリーです。ムーミンの表情がとってもシンプルなんですけど、その中にイマジネーションを膨らます部分がありまして、そこが国境を越えて愛される理由なんだなと思いました」と語り、横にいたムーミンの頭を愛情深げに撫でていた。

 MCからの「今年のクリスマスに何でももらえるとしたら?」という質問に対しては、「新しいトランクが欲しい」と回答した宮沢。その理由について「10代の頃から旅行が好きで、すごく大事にしていたトランクがあるんですね。なんども修理して使っていたのですが、とうとう蓋がパカって取れてしまって、ついに直せなくなっちゃって。とても気に入っているのでインテリアとして飾っているのですが……新しいトランクが欲しいです。それを持って旅に出たいなと」と説明。イベントの最後には「これからクリスマスシーズン、何万個のライトで輝くクリスマスイルミネーションも素晴らしいと思いますが、ろうそく一本で照らされるムーミン谷のクリスマス。シンプルでとても穏やかな時間を楽しんでいただけたらいいなと思います」と観客に呼びかけた。

(c)Filmkompaniet / Animoon

Moomin Characters TM

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000