ひと夏で120人と関係 サイテーホストの高校時代とは

 14日、HKT48兼STU48の指原莉乃と、ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がAbemaTV(アベマTV)でMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(毎週火曜よる9時~)が放送された。この番組は、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出し、女子がサイテー男に引っかからないための「ゲス恋から学ぶ恋の教科書」がテーマ。この日の放送では、サイテー男たちが「学生時代のサイテー話」を披露。ホスト・智也の語ったエピソードに、指原が思わず「サイテー」と声を上げた。

 智也は高校3年生の時、ひと夏で120人もの女性と関係を持ったというサイテー男。しかしその当時、なんと5年間も付き合った彼女がいたと語って周囲を仰天させた。


 相手は中学3年生の時の同級生。高校進学の際は、家族の猛反対を押し切って、彼女の偏差値に合わせて高校を選んだという。彼女とのエピソードについて、「浮気はしていたけどピュアだった」「浮気しても、戻ってきてくれればいいよと言われていた」と語った。


 別れた原因は、智也がホストをやりたいと思ったため。だが、別れて25歳となった現在も、その女性とは連絡を取り合っているという。

 それほど長く付き合っていればかなりの情があるはずだが、吉田から「その彼女とのエッチは何位?」と聞かれると、智也は「100位にもいってない」とポロリ。意外な純愛トーク?に感心していた様子の指原は「サイテー!」と叫び、吉田も「そこは1位って言っておけよ!」とツッコミを入れていた。

(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000