“神スイング”稲村亜美、自身の魅力を「手の出しやすさ」とアピール

 10月23日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がAbemaTV(アベマTV)でMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(毎週月曜21時~)が放送され、“神スイング”でおなじみのタレント・稲村亜美がゲスト出演した。

 番組冒頭で、「今日は美人枠で行きたいと思います」と宣言した稲村。すると、芸人のぐっちは、ブス枠のゲストとして出演していた、たんぽぽ・川村エミコの名前を挙げ「川村さんの方が華ないですか?」と不満気な様子だ。

 おぎやはぎの2人は「華と美人は違うんだよな」と意見を述べ、「川村さんはエンターテイメントブスじゃない。稲村さんの良さは素人っぽさというか」と稲村の魅力を語った。これに稲村も「手の出しやすいところが良さなんです。その枠で行っているので」と頷いた。

 だが、それでもなおブス枠の面々は不服があるようで、「美人枠なのに足が汚い」と主張。稲村は屈することなく「野球をやっていたので傷も多々ありますけど。私の太もも、評判いいんですよ!」と、堂々とした態度で反論していた。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000