SHELLY、LGBTへの誤解に「頭おかしい」 名刺交換の直後に性的な話題を振られ…当事者の経験談に驚き

(『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』番組MCのSHELLY)

 近頃、ニュースなどでLGBTという言葉が使用され、広まりつつある。その一方、バラエティ番組などで“オネェ”と呼ばれるタレントたちが笑いをとっているシーンを目にしたことはないだろうか。


 AbemaTV(アベマTV)で毎週夜23時から放送中の『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』、第26回のテーマは『LGBT』。LGBTの渦中にいる当事者たちは、現状をどのように考えているのだろうか。


▶︎10月14日(土)夜23時からは「Wの悲喜劇again #7『増える40代の中絶 大人の性教育』」
(※放送時刻になったら通知でお知らせ! AbemaTVアプリ内の番組表から「通知を受け取る」がオススメです)


▶︎再放送は10月15日(日)17時〜
▶︎過去の「Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜」はAbemaビデオで無料視聴できます。


名刺交換の直後に性的な話題を振られ…「普通はそんなことを聞かない」

 「男性から女性のトランスジェンダーの人はたくさんメディアに出ているけど、女性から男性のトランスジェンダーはほとんど出ていない。LGBTと言いながら男社会なところもある」と話すのは、NPO法人東京レインボープライド共同代表理事であり、自身もトランスジェンダーで女性から男性へと変わった杉山文野さん。

(NPO法人東京レインボープライド共同代表理事・杉山文野さん)

 さらに杉山さんは「日常生活でLGBTの話をすると性的な話題を求められる」と話し、「名刺交換をしてすぐに『じゃあどんなセックスをしているんですか』って聞かれることがある」と告白。


 これにはSHELLYも「(その人は)頭おかしいですよ」と驚きを隠せない。杉山さんはトランスジェンダーをオープンにしているため、「話すことが役割だと思っている」とコメントしつつも「社会人のマナーとして普通はそんなことを聞かない」とし、「LGBTはセックスじゃなくてアイデンティティーの問題」と説明した。

(モデル・女優・DJなどで活躍する篠崎こころさん)

 これを受け、モデルや女優、DJとマルチに活躍し、バイセクシャル(両性愛者)を公言している篠崎こころさんも「女とするときと男とするときでどのように違うのか、会った人には必ず聞かれる」とコメント。


 続けて篠崎さんは「バイセクシャルは浮気しやすいんじゃないかと引かれることが多い。全然モテない」と話し、「私(バイセクシャル)はどっちつかずで都合がいい人みたいに思われてしまいがち」と悩みを打ち明けた。

AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)


(C)AbemaTV

(ライター/小林リズム)


▶︎10月7日放送「テレビのせい?LGBTブームがヤバい」
▶︎次回は10月14日(土)夜23時から放送「増える40代の中絶 大人の性教育」

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000