バラエティ番組の欠けた配慮…LGBT当事者たちがメディアに苦言「オネエ言葉を話すわけじゃない、普通に生活している人が大半」

 近頃、ニュースなどでLGBTという言葉が使用され、広まりつつある。その一方、バラエティ番組などで“オネェ”と呼ばれるタレントたちが笑いをとっているシーンを目にしたことはないだろうか。


 AbemaTV(アベマTV)で毎週夜23時から放送中の『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』、第26回のテーマは『LGBT』。LGBTの渦中にいる当事者たちは、現状をどのように考えているのだろうか。

(NPO法人東京レインボープライド共同代表理事・杉山文野さん)


▶︎10月14日(土)夜23時からは「Wの悲喜劇again #7『増える40代の中絶 大人の性教育』」
(※放送時刻になったら通知でお知らせ! AbemaTVアプリ内の番組表から「通知を受け取る」がオススメです)

▶︎再放送は10月15日(日)17時〜
▶︎過去の「Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜」はAbemaビデオで無料視聴できます。


(モデル・女優・DJなどで活躍する篠崎こころさん)

 モデルや女優、DJとして活躍中の篠崎こころさんは、バイセクシャル(両性愛者)を公言している。メディアのLGBTの取り上げ方について聞かれると「バラエティ番組に出たときに『男側にまわってほしい』と言われることがある。ゲストで女の子がくると『今日の女の子はタイプ?』って聞かれたり。『キスしてみてよ』とか言われたことがある」と、LGBTに理解がない相手の対応に、嫌な思いをした経験を語った。

(モデルの西原さつきさん)

 一方で、16歳からホルモン治療を受け、性別を男性から女性に変え、トランスジェンダー(性別越境者)でもあるモデルの西原さつきさんは「バラエティ番組だとだいたい“オネエ”というくくりにされる」と告白。「男性らしい部分を誇張してウケをとるように求められる。男性になりたくないから女性になったのに、それをわざわざ出さないといけない」と話し、最近ではバラエティ番組の出演を断るようになったという。


 これを受け、NPO法人東京レインボープライド共同代表理事であり、自身もトランスジェンダーで女性から男性へと変わった杉山文野さんは「メディアではおもしろおかしく扱われる“オネエ”と、辛く苦しい“性同一性障害”のように、対極で扱われることが多い。間がない」と現状を分析。続けて「オネエ言葉を話すわけでもなく、普通に生活している人が一番多いのに、二極化しているのはバランスが悪い」とコメントし、メディアにおけるLGBTの認識や、取り上げられ方における、現実とのずれを語った。

AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)


(C)AbemaTV

(ライター/小林リズム)


▶︎10月7日放送「テレビのせい?LGBTブームがヤバい」
▶︎次回は10月14日(土)夜23時から放送「増える40代の中絶 大人の性教育」

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000