乃木坂46、ランウェイフル活用の「ガールズルール」で華々しくイベント締めくくる

(C)Rakuten GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER


乃木坂46が、本日9月16日に千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールにて開催されたイベント「RAKUTEN GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」でライブパフォーマンスの大トリを務めた。


オープニングSE「overture」が鳴り響き、ステージに彼女たちが登場すると「命は美しい」「制服のマネキン」といったクールなナンバーを連投。キレのあるダンスを見せつけて、一気に場内の熱気を高めていった。


MCでキャプテンの桜井玲香が「元気ですか? 私たちのステージでラストになりますけど、楽しんでいってください!」と客席に呼びかけると、「続いては新曲を披露したいと思います」と発し、西野七瀬へバトンを繋ぐ。これを受け西野は「これからやる曲は9月22日に公開される映画『あさひなぐ』の主題歌になってます。今日は特別に映画の映像とコラボしたバージョンになってるので、そこも注目してください」と解説し、楽曲をパフォーマンス。ステージに設置された大型ビジョンに「あさひなぐ」の映像が映し出される中で、彼女たちは可憐に「いつかできるから今日できる」を届けた。


そして最後は白石麻衣の「みなさんラストの曲です! 盛り上がっていきましょう!」という元気な掛け声から「ガールズルール」をパフォーマンス。ランウェイをフル活用したステージングを披露し、華々しくこの日のライブを締めくくった。


なお、乃木坂46の新曲「いつかできるから今日できる」は、10月11日にリリースされる。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000