オダギリジョー、“もう一人のゲバラ”役に「やりたいという気持ちがMAX」

 日本・キューバ合作映画『エルネスト もう一人のゲバラ』の世界最速試写会が9月13日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた。イベントには主演オダギリジョーとメガホンをとった阪本順治監督が登壇し、舞台挨拶を行った。

 キューバ革命の英雄チェ・ゲバラのゲリラ部隊に参加し、ゲバラから「エルネスト」と名付けられた日系人フレディ・前村の生涯を描いた同作。チェ・ゲバラに扮装したサポーターを前に阪本監督は「今日は何の集会でしょうか?(笑)。今回は他の映画と同じことをやってもしょうがないと思いまして、サポーター試写会を実施いたしました」と普通の試写会とは一味違う点に言及。オダギリは本作のオファーを受けた時の印象について、「監督にお話をいただいた時からやりたいという気持ちがMAXでした。想像もできない困難な道だと思ったし、乗り越えられないような高いハードルが目の前にあったので。今の日本映画界でこんな映画を撮るなんて、革命のように感じました。とにかく戦い抜こうと決心しました」と語った。阪本監督は「オダギリが役者として生まれ変わりたいと何度か言っていたのを知っていたので、ピッタリのあるよ!と言いました」とオファー時を降り返った。

 オダギリの演技について阪本監督は「日本にいる時から相当な役作りをしてくれていた。スペイン語や減量に関しても当たり前のようにやってくれると信じていました。オダギリの最初のセリフを聞いた瞬間、これが僕らにとってのフレディだと確信しました。」と絶賛。3度目のタッグを組むだけあり、全幅の信頼をしているのがわかる。


 また集まったスペシャルサポーターの方からの質問タイムが設けられ、オダギリのすごいところを聞かれた阪本監督は「映画をみたら凄いとしか思えないです。オダギリがとにかく凄い。フレディ前村をずっと取材していると、寡黙で心に芯のある人物像がオダギリに重なる。普段は本人の前ではこんなこと言わないけど(笑)」と再び絶賛しながらも照れくさそうに語った。

 そして、トーク終了後に、映画の大ヒットを祈願し、鏡割りが行われた。本作が日本・キューバの合作映画ということで、“クーバ・リブレ”というキューバのお酒が用意された。この”クーバ・リブレ”は、革命戦士が勝利を祝う際に飲んだカクテルで、オダギリや阪本監督もキューバで何杯も飲んだそう。最後はキューバ式の乾杯をとのことで、スペイン語で乾杯Salud(サル!)と音頭をとり、イベントは大成功で幕を閉じた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000