ジョー、人気YouTuberの称号よりボクシングのプロライセンス「ホンマに欲しい!」

 人気YouTuberジョーが、挑戦中のボクシング・プロライセンスの取得に並々ならぬ思い入れを語った。

 ジョーは、出演しているAbemaTV(アベマTV)「亀田×ジョー プロボクサーへの道~3ヶ月でデビュー戦~」で、プロテストの合格を目指していたが、9月1日のテストではまさかの不合格。9月10日放送分では、不合格翌日から次のテストに向け早くも練習を再開するシーンが流れた。「動かないと気が気じゃないですね。あれだけ多くの人に見て、支えられて、失敗したというのが人生で初めて。結構心に来た」と、挫折のショックを打ち明けた。それでも「また立ち上がる姿を見せて、次こそ絶対受かってやるという気持ちです」と再チャレンジへの決意を見せていた。


 今や心はすっかりボクサーだ。YouTubeのチャンネル登録者数が80万を超えるジョーだが、「10万人登録で銀の盾、100万人だったら金の盾とかあるけど、そんなレベルじゃないくらい、ライセンスがホンマに欲しい!」と、人気YouTuberの称号よりも、プロボクサーと呼ばれることを真剣に目指している様子がうかがえた。


 YouTubeでは、動画を投稿する人に対して、チャンネル登録者数に応じて表彰する制度があり、10万人以上でシルバー、100万人でゴールド、1000万人でダイヤモンドの盾(再生ボタン)が贈られる。

(C)AbemaTV


▶次回#11の視聴はこちら


▶過去の放送の視聴はこちら

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000