現在レギュラー0本の “はんにゃ” 将来のビジョンを語る「大河ドラマに出たい」

 9月8日にAbemaTV(アベマTV)で放送された『エゴサーチTV』に、お笑いコンビ・はんにゃがゲストとして出演。現在「低迷している」と悩むはんにゃが、今後どうなっていきたいか目標を本気で語った。


 同番組では、ゲストが自分の名前や関連ワードをネットで検索し、世間からの評判や噂をチェックして情報の真偽を明らかにしていく。

 絶頂期には10本ほどあったというレギュラー番組も、現在は0本となってしまったはんにゃ。先輩芸人で、同番組のMCを務めるキングコング西野亮廣(37)に、「助けてください」と今後の芸人人生について相談を持ちかけた。


 「レギュラー番組だったら何でもいいの?」と西野に問われると、金田哲は「いや!我々もやっぱりやりたいことありますよ」という。

 まず2人がコンビとして共有している最終目標は「“学生応援バラエティ”に出ること」だという。それを聞いた西野が笑いながら手で顔を覆うと、はんにゃは「そんな反応しないでくださいよ!」とつっこんだ。


 “学生応援バラエティ”とは、一般の学生たちと様々な企画を行う、青春系バラエティのことを意味しているそう。「ネタもそうなんですけど、僕らはやっぱり中学生のノリが好きなんですよね。告白大会だとか、かわいい子コンテストだとか、そういうのに携わっていきたい」と理想を語った。

 また、金田は個人としてもやりたいことがあり、「僕は歴史が好きなので、最終的には大河ドラマに出たいと思ってます」と意外な目標を明かした。続けて、「僕は本当に歴史が好きなので『武士になりたい、小さい頃から見てきた大河ドラマに出たい』ってずっと言ってたんです。言ってたらいつか叶うと思って」と話した上で「そうしたら、今年時代劇の話が来て、武士の役をやらせていただくことになったんです」と、夢が叶いそうなことを報告。


 しかし、「自分が願うことが叶っていくんですけど、それが怖いんです」という金田。理由をたずねられると、「目標を失うのが怖くて。ずっと最初に立てた目標に向けてやり続けているんですけど、それが全部叶ったときに、『あれ、何やればいいんだろう…』って」と、複雑な心情を語った。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000