役所広司や松坂桃李のアウトローな刑事姿も解禁 映画『孤狼の血』新ビジュアル

 役所広司が主演を務め、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督がメガホンをとる映画『孤狼の血』(2018年5月12日公開予定)の“大人の色気”あふれるポスター&新ビジュアルが解禁された。

 原作は柚月裕子原作のミステリー小説。「警察小説」× 仁義なき戦いと評される『孤狼の血』は、昭和63年の広島を舞台とした警察、あるいは暴力団という組織にいながらも"誇り"を賭けて生々しく、荒々しく生きる男たちの物語だ。


 暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾役を役所広司、大上とタッグを組む若き刑事・日岡秀一役を松坂桃李、クラブリコのママ・高木里佳子役を真木よう子、五十子会の組長を石橋蓮司、尾谷組の若頭・一之瀬守孝役を江口洋介が演じる。

 今回公開されたビジュアルは上記2枚。武骨な指先でありながらどこか艶のあるその仕草は、まさに“大人の男”。思わず触れたくなる程の色気を醸し出している。ストー リーの鍵を握る超・重要アイテムも写り込んでいるとのことだ。


 5月にクランクアップした同作は、現場でも「熱き戦い」が繰り広げられ、白石組の本気度に大きな期待が寄せられている。 先日には、中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也ら新キャストも解禁され、彼らが演じる「正義」と「悪」にも注目だ。


ストーリー

 物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾ととも に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し...。


(c)2018「孤狼の血」製作委員会

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000