TOKYO GIRLS AUDITION2017結果発表、18歳の阿部桜子が最多賞に輝く

エイベックス・ グループとAmebaが主催する「TOKYO GIRLS AUDITION Powered by Ameba 2017」の最終審査が9月2日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催された「第25回 東京 ガールズコレクション 2017 AUTUMN/WINTER」内で行われた。


応募総数20,178人、ファイナリスト8名の中から最多賞に輝いたのは18歳の阿部桜子。ステージ上で、最多賞受賞を記念したティアラを受け取った阿部は「ありがとうございます」と感謝の言葉を口にしてから、「モデルとしてここからがスタートだと思っています。一生懸命、一流のモデルになれるようにがんばります。応援よろしくお願いします」と力強く客席に呼びかけた。


今回、AbemaTIMESでは、受賞直後の阿部に直撃取材を敢行。「TOKYO GIRLS AUDITION」にかける思い、さらに今後の目標についてなど話を聞いた。


--最多賞おめでとうございます。今のお気持ちを伺えますか?


阿部:とにかく信じられないです。この舞台自体が夢みたいなんですが、まさかトップになれると思ってなかったので…。


--びっくりしている感じ?


阿部:審査される中で、自分よりスタイルのいい子がたくさんいたので…。びっくりしてますけど、素直にうれしいですし、これからがんばります。


--この大舞台のランウェイを闊歩していたときの気持ちを教えてください。


阿部:緊張はしなかったです。楽しもうという気持ちで臨んだし、実際楽しかったですね。


--アドレナリンが出てたというか?


阿部:そうですね(笑)。


--昔から芸能界に憧れがありましたか?


阿部:高校1年生のときに地元・(宮城県)仙台の事務所にちょっとだけ入ってた時期があったんです。そのときはあまり上手くいかなかったんですけど、もう一度チャレンジしたいという気持ちがあったので。18歳で上京して、今回再挑戦という感じです。


--今回審査される中で自己アピールしたことはなんですか?


阿部:自分の夢がモデルに加えデザイナーになることなんですけど、それをアピールしました。


--そうなんですね。


阿部:今、服飾の専門学校に通っているんですけど、一番なりたいのはデザイナーなんです。それと同時にモデルにも挑戦できたらいいなって思ってます。そこが自分のアピールするポイントだと思ったので、毎回スピーチでそのことを伝えてました。


--ゆくゆくは自分で立ち上げたブランドのアイテムでランウェイを歩きたい?


阿部:そうですね。


--目標とするモデル、またはデザイナーはいらっしゃいますか?


阿部:目標は特になくて、誰になりたいというよりは、上にいけるところまでいきたいです。なので”誰になりたい”みたいなのはないですね。


--AbemaTVはご覧になってますか?


阿部:「古坂大魔王の原石が出るTV」を観るためにダウンロードしました。それと海外のREALITY SHOWを観るのも好きなんです。それをずっと観てます。


--ありがとうございます。では最後に、10年後の自分はどうなっていたいですか?


阿部:海外でも支持されるようなファッションブランドを立ち上げていたいです。


--それが今の阿部さんにとっての夢ですか?


阿部:そうですね。がんばりたいです。


「TOKYO GIRLS AUDITION Powered by Ameba」は次世代のトップモデル・トップアーティストを発掘すべく開催する日本最大級のガールズオーディション。過去には、JELLY専属モデルのNiki、lol-エルオーエル-のメンバーとして活躍中のhibikiらを輩出している。そのほか今年度の受賞者は以下の通り。なお、ファイナリスト8名についてはサイトにて確認を。


「TOKYO GIRLS AUDITION Powered by Ameba 2017」受賞結果

【最多賞】<FiNC賞><CanCam賞><LARME賞><bea’sup賞><TGA賞>

阿部桜子 18歳

<LOVEberry賞><レコードメーカー賞>

栗田桃花 13歳

<Seventeen賞><NYLON賞><Popteen賞><LOVEberry賞>

坂田琴音 14歳

<CYAN賞><NYLON賞><mina賞><レコードメーカー賞>

新野尾七奈 15歳

<ar賞><Popteen賞>

古田愛理 15歳

<Scawaii!賞><JELLY賞><non-no賞>

梶川永遠 18歳


<フォトギャラリー>


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000