SHOWROOM社長・前田裕二が実践した、本を3万部売った仕掛けとは?

 9月1日にAbemaTV(アベマTV)で放送された『エゴサーチTV』に、SHOWROOM株式会社社長の前田裕二(30)がゲストとして出演。自身が出版した書籍『人生の勝算』を約3万部売り上げた方法について明かした。


 ゲストの名前や関連ワードをネットで検索し、世間からの評判や噂をチェックして情報の真偽を明らかにしていく同番組。今回の放送では、前田が日頃からビジネスについてよく語り合うMCのキングコング・西野亮廣(37)と、本の売り上げ方について会議をする場面があった。

 動画生配信サービス「SHOWROOM」の代表取締役社長である前田。自身が書いたビジネス書『人生の勝算』は、現在までで約3万冊売れているという。これまでに前田は、本を売るために様々な仕掛けをしてきたという。


 まずは、発売前に本のプロローグ部分や本編の一部を無料で公開する試み。「章ごとに切り分けて無料公開した」というこの戦略は見事に成功し、「発売前に重版が決定した」のだそう。

 また、「200冊買ってくれたら講演会をやります」と宣言したことも仕掛けの1つ。”講演会”という形での購入者へのリターンは人気があるそうで、前田は「みんな本をただ買ってるだけじゃなくて、あくまでもコミュニケーションのきっかけなんだと気づいた」と語った。


 講演会は全国からオファーがあり、地方からの依頼もかなり多いのだとか。前田は「『地方にいるからモチベーションが保てない』と思っている人たちのチャンスになれれば」と、オファーがあるたび受けているそうだが、西野は「全部受けてたら1年丸々潰れちゃいません?」と心配していた。

AbemaTV/『エゴサーチTV』より)


エゴサーチTV『西野と前田裕二のビジネス対談は必見!物を売るためのヒントが聞けるかも!?』を無料視聴する

『エゴサーチTV』はAbemaビデオで無料視聴可能!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000