間宮祥太朗、土屋太鳳と2人での撮影に「この時間、一生続いてもいいな」


 「鳥人間コンテスト」に挑む大学生たちの青春を描く、作家・中村航の同名小説を原作とした映画『トリガール!』が、9月1日(金)から全国公開される。毒舌の主人公・鳥山ゆきな役に抜擢されたのは、数々の青春映画でヒロインを務め、目覚ましい活躍を見せる土屋太鳳。ゆきなとタッグを組み、人力飛行機に乗り込む坂場大志を演じるのは、話題作に次々と出演し、人気急上昇中の間宮祥太朗だ。


 劇中で絶妙なコンビネーションを見せる土屋と間宮だが、映画の中だけでなくインタビュー中も息ぴったり。互いを下の名前で呼び合い、時には間宮が土屋の発言にツッコミを入れ、撮影中のエピソードに笑い合う。今回はそんな2人に、初めて会った時の印象から役にかける思い、お酒の失敗談まで、幅広く話を聞いてきた。


間宮祥太朗、土屋太鳳との2ショットシーンに「この時間、一生続いてもいいな」

――完成した映画をご覧になって、いかがでしたか?


土屋:「祥太朗が最高!」って思って。観終わった後に電話をかけて、「良かったよ」と伝えました。それぐらい、祥太朗の魅力が詰まっている作品だなと思いました。


間宮:撮影している時から面白い映画になる確信はありました。でも、観た時は撮影中の感触を超えて、面白いと思えましたね。ラブコメと言いつつスポ根でもあり、青春の群像劇でもある。老若男女、誰でも楽しめるエンターテイメント性や、作品が持つ間口の広さがすごくいいなと。


――特に印象に残っているシーンはありますか?


土屋:ラストのシーンですね。コックピットからの、2人でヨットに乗る場面がすごく印象的でした。


間宮:個人的にいい時間だと思ったのは、プラットフォームに2人で座っているシーン。想像してください。めちゃめちゃいい景色と夕日を見ながら、土屋太鳳とプラットフォームで2人きり。あのいいムードの中、ドローンの撮影をしている時は、スタッフの方も周りにまったくいないという。この時間、一生続いてもいいなって(笑)。


土屋:あのプラットフォームのシーンは、「鳥人間コンテスト」が終わった日に撮影したんですよ。テレビで放送するときはテイクオフしてから着水するまでを見ることはあっても、機体が壊れた後は見ないじゃないですか。1年かけて精魂込めてつくってきた機体を、泣きながら引っ張っているところも拝見したので、すごく身が引き締まりました。


間宮:「鳥人間コンテスト」の番組ではメインのところしか見られないですけど、この作品は目的を達成する前にある助走の部分を、すごく訴えていると思います。そういうのが見られるのはいいですよね。


土屋太鳳が“二日酔い”に挑戦!「手がアンパンマンみたいになっちゃって」

――居酒屋でのシーンも印象的でしたが、劇中に登場するような大衆居酒屋に、プライベートで行くことはありますか?


間宮:僕は赤ちょうちん系のお店が好きなので、割とよく行きますね。


土屋:私も大学のお友達と行ったことがあります。今はあまり機会が無いんですけど、楽しくワイワイしている雰囲気がすごく好きです。


――ちなみにお酒を飲んで酔うと、どうなることが多いですか?


間宮:(少し考えて)記憶がない(笑)。


土屋:これまで二日酔いになったことが無くて、一度二日酔いになってみたくて。それでこの前、焼酎をいただいたんです。そしたら次の日、手がアンパンマンみたいになって(笑)。


間宮:それ、むちゃくちゃむくんでるよ!


土屋:頭もちょっと痛くてだるくて。これが二日酔いか!って嬉しかったんですけどね(笑)。


間宮祥太朗の印象は「幕末の武士」

――お2人は今回が初共演とのことですが、初めて会った時の印象はいかがでしたか?


間宮:率直に言うと、「ちっちゃいな」と思ったのは覚えていますね(笑)。 今回はバディを組む役柄だったので、事前に太鳳が出演している作品を見て撮影に臨みました。どんな人なのかはなんとなくイメージがあったので、スッと入れた気がします。


土屋:怖いというわけではないのですが、すごく強そうなイメージがありました。声が大きくて、顔もキレがあるというか、迫力があるというか。豪快な部分がありながらも、知的で繊細さもあるし、幕末の武士のような感性を持たれた方だなと。


間宮:幕末の武士のような感性!?俺、攘夷の精神持ってないから(笑)。


土屋:すごく和が似合うといいますか。撮影中、時間が空いた時に京都の嵐山に祥太朗とスタッフさんと一緒に行かせていただいたんですけど、川沿いに立っている祥太朗と橋と、犬みたいな構図の写真があって。それを見て「武士だなぁ」と思いました。


間宮:俺は武士じゃねぇよ(笑)。

――本作で間宮さんが感じた、土屋さんの新たな魅力はどのようなものでしたか。


間宮:コメディエンヌぶりですね。反射神経とエネルギッシュさが、女優さんの中でもずば抜けている印象があります。まだ太鳳と仕事していない同年代の役者にも「一緒に仕事すると本当に楽しいよ」って言っています。


土屋:嬉しい!でもそれは、私のよくわからない間とかを、祥太朗が拾ってくれるからじゃない?


間宮:あぁ、それはありますね。僕がこういう性格なので、太鳳が優しくされているのを見ると「もっとイジっちゃえよ」と思っちゃうんだよね(笑)。イジればイジるほど、面白いというか。その返しもまた、すごく愛嬌があって。


間宮祥太朗との共演に「笑いを堪えるのが大変」

――撮影中はアドリブが多かったそうですが、土屋さんは間宮さんから振られて、困ったアドリブはありましたか?


土屋:笑いを堪えるのが大変で、毎日困っていました(笑)。


間宮:堪えられてなかったよ。


土屋:堪えようとしたんですけど、堪えきれなくて。お腹の底から笑えるようなアドリブをしてくださるので、負けていられないと思って、返すのに必死でしたね。

――思い出に残っているアドリブのシーンはありますか?


間宮:トンネルの前で、太鳳が僕の周りをロードバイクで走りながら、ビンディングぺダルを付けたり外したりするシーンがあるんですけど、あるテイクで付け外しがうまくできなかったことがあって。明らかに失敗しているのに「うまく外せるようになりました」って言うから、「全然うまくいってねーじゃねーか!」って返したら、「ごめんなさい!」って(笑) 。あれは面白かったですね。現場も笑いに包まれました。


土屋:その後、2つのトンネルにそれぞれ分かれて進んでいくんですけど、あれもアドリブだったよね?


間宮:同じトンネルに行けば良かったんですけど、たまたま別々に行っちゃったんですよ。「お前なんでそっち行くんだよ」みたいなこと言ったら、英監督が「面白い」と言ってくださって。


土屋:現場で生まれたことをすごく大切にしてくださる監督で。笑顔の多い現場でしたが、ただ笑っているんじゃなくて、それを燃料にするというか。だから緊張感もありました。スタッフの皆さん1人1人がプロフェッショナルで、かっこいいという言葉が似合う現場でした。


――土屋さん演じるゆきなは、これまでに経験されたことのないタイプのヒロインだと思いますが、今後挑戦してみたい役柄はありますか?


土屋:パワーを出す方向が違うだけであって、実は他の役との違いはあまり感じていなくて。女優という職業は資格も試験もないし、修行が必要だと思っています。演じれば演じるほど、自分の未熟さも感じますし。なので、こういう役がやりたいというよりは、今は色々な役を演じて、いっぱい経験をしたい。1つ1つを大事にしていれば、『トリガール!』で祥太朗と出会えたように、その時に合った役柄に出会えるのかなと思っています。


インタビュー・テキスト:水野梨香

写真:岡田誠


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000