亀田興毅、1000万円企画「あごパッカーン」でお馴染みホストの店へ “漢の約束”果たす

 元プロボクサーの亀田興毅が、新宿歌舞伎町のclubAAA 支配人でホストの神風永遠の店を訪れたことをブログで報告している。

亀田興毅公式ブログよりスクリーンショット


 神風は、5月に放送されたAbemaTVの企画『亀田興毅に勝ったら1000万円』で、対戦相手として一般公募の中から選ばれた1人。亀田と神風は試合の後に「『今度はお酒で!』と漢の約束」を交わしていたようで、この日実現したという。


 亀田は神風とのツーショットを公開し「イケメンホスト神風永遠の戦場に乗り込んできた。夢を売る舞台はさすがに華やかな世界が広がっていた。盛り上げ上手なホスト達の中で神風永遠のイケメン度合いは一際目立つ」と神風を絶賛。「ホストクラブは男も楽しめる不思議な世界。この日は接客で朝から飲んでいたにも関わらず決して崩れない。どんな世界でもプロ意識が高い人は尊敬できるな」とプロとして接客する神風をリスペクトしたようだ。


 また、この席はAbemaTVを運営するサイバーエージェントの藤田晋社長が設けたようで3ショットを掲載し「藤田社長、ご馳走様でした。いつもありがとうございます」と感謝の言葉を述べている。 


 神風は同番組に出演する1週間前に意気込みとして「(亀田の)あごをパッカーン」と発言したことで話題に。実際の試合ではKO負けしたものの、後日『亀田興毅に勝ったら1000万円 裏側全告白スペシャル』に登場し、「あごパッカーン」が店で流行していることを明かした。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000