市川海老蔵&小林麻耶、友人たちの“支え”に感謝「本当に涙」

 歌舞伎役者の市川海老蔵と、義理の姉でフリーアナウンサーの小林麻耶が27日、そろってブログを更新。海老蔵の友人であるメディカルトレーナー・角森脩平氏に対し、感謝の気持ちを述べた。

 22日の夜、乳がんで闘病中だった最愛の妻・小林麻央さんを亡くした海老蔵。その後も、「なるべくいつも通りに過ごします。」とブログで宣言した通り、休むことなく日々の生活を更新し続けていた海老蔵だったが、「まお、…あいたい、あいたいよ、 おれ、がんばるよ、」「まおと共に生きたかった… 頑張って生きようそう思います。」「時間がたたない、経つのが遅く感じる。今日この頃です、、」など、こらえきれない悲痛な胸の内を明かしていた。


 そんな海老蔵を支えるべく、友人の1人である角森脩平氏は突然自宅を訪問。俳優の山田純大と共に子供達と全力で過ごし、「ここ数日 本当に色々なことを考えさせられる日々でした。少しでものサポート友達としての支え僕の立場として出来る限りの事はさせて頂きました。もちろん これからも友達として技術者としてサポートしていきたいと思います。」と、自身のブログにてコメントした。


 これを受け、海老蔵は「ここ数日 ずっとそばにいてくれた友達の一人です。本当に助かった。本当に助かったんですよね、ありがとう。こういう優しい友達が多いことに本当に感謝 涙ですよ。本当に涙、、、」と友人の気遣いに感謝の気持ちを述べた。


 麻耶も自身のブログにて「友達の存在は、ものすごく力になりますね。」「寄り添うということはこういうことなのか、と教えていただきました。友達って、いいですね。そして、私や私の母にまでも優しくしてくださり、背中をさすってくださり、あたたかい笑顔を向けてくださり角森さん、ありがとうございました。本当に救われました。」「海老蔵さんのご友人たちにも支えていただきながら、前に進んでいます。感謝。」とコメントした。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000