栗原類、白塗り姿に反響「幻想的で美しい」

 モデルの栗原類(22)がInstagramで、顔を白塗りにして白いカツラを被った写真を公開している。

 栗原は「"お江戸のキャンディー"上映イベントまでもう直ぐ。これまで北沢白をあげていましたが、今回は白鳥太夫の写真をあげます。全身白 僕も最初このメイクをすると知った時の衝撃は大きかったです。でも出来上がった状態を鏡で見てみるとすごく綺麗でした。メイクさん達の力には本当に脱帽です」とコメント。


 この姿は、広田レオナ(54)が監督を務め、7月1日から2週間限定で上映される映画『お江戸のキャンディー2 ロワゾー・ドゥ・パラディ(天国の鳥)篇』の際のメイクのよう。栗原はトリウッドでEDOの世界にいるかのような夢を見た青年・北沢白役とEDOの闇田蔵人に住む人気の花魁・四代目白鳥太夫役の2役を演じており、写真は花魁の姿だという。


 これを受けて読者からは「この世のものとは思えないほど幻想的で美しいですね」「すごく綺麗、さすが整った顔してますね」「とても 綺麗です! 似合っていますよ」など、称賛の声が届いている。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000