元猿岩石・森脇和成、YouTuberになる 電波少年時代の裏話も披露

 タレント・有吉弘行とお笑いコンビ「猿岩石」を結成していた元相方・森脇和成が25日、自身のブログを更新。突然、YouTuberを始めたことを明かし、世間を驚かせている。

森脇和成公式ブログよりスクリーンショット


 同日、森脇は「ユーチューブ始めました」と題しブログを更新。「ちょっとだけ世間がざわついておりますがマイペースにやって行こうと思っておりますのでこれからも宜しくお願いしますm(_ _)m」と、YouTuberとして初配信された動画を公開した。


 動画内で森脇はYouTubeを始めたきっかけとして、「有名な某ユーチューバーに話しかけられ、話してみるとその人が引くぐらい儲けていた」ということでYouTuberの世界を知り、「何も知らない人間がユーチューバーになったらどうなるのか」とあくまで“実験的な意味”でチャンネル開設したことを明かした。


 YouTubeを見ている世代が、自身を知らない若い世代が多いことを受け、伝説のバラエティ番組「進め!電波少年」(日本テレビ系列・92〜98年)にて、元相方の有吉と共に「猿岩石」として世界中をヒッチハイクしていたことを紹介。「歌が売れたり本が売れたりだとか、いやらしい話売れて儲かりました。」と振り返るも、「ユーチューバーに聞いたらそんなもんじゃないと」と、当時一世を風靡した猿岩石時代よりも“稼げる”ことを知ったという。


 「どんなユーチューバーが人気なのか調べようと思う」「どれぐらい俺が知られているのかも興味ある」「有名なユーチューバーがいたら声かけてください」と続編にさらなる期待を持たせた森脇。


 音やテロップをしっかりとつけ、初めてとは思えない初回動画は、公開から1日で早くも11万再生されており、チャンネル登録者数は1万2000人を突破している。(26日16時現在)

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000