宇宙ビジネス、さまざまな職種に参入のチャンス

 これからのビジネスチャンスとして注目される「宇宙」。内閣府も、ロケットや衛星などを手掛けてきた企業とこれまで宇宙と関係なかった企業を融合させて、新しいビジネスを創出するプロジェクトを進めている。

 A.T.カーニー株式会社プリンシパルの石田真康さんは、衛星で取れたビッグデータを地上でどう活用するか、衛星を使ってインターネットのインフラをどう作るかということが注目を集めているという。「それは宇宙の問題だけではなく、今世の中にあるIoT化やデジタル化というトレンドの交差点で、まさに起きているテーマ」だと話す。


 これからの宇宙ビジネスは、技術者はもちろん、経営者だけでなくWEBやアプリケーションを作成できる人など、様々なスキルを持った人がいないと成り立たない。石田さんは、宇宙と関係のない職種・仕事に就いているが、宇宙に対して興味がある人が参入してくることが大事になってくると話す。「そこまで初期投資がなくても、衛星のデータを解析する事業などはやろうと思えばできるので、そこに新しいチャンスがある。これからの分野なので参入の余地はあると思います」と、これからの宇宙ビジネスについて分析した。


 宇宙ビジネスというと、ロケットを打ち上げたり、宇宙ステーションで研究するといったことを連想しがちだが、地上でデータを解析したり、それを活用したりなど、一見宇宙とは関りが薄いようなビジネスにも繋がりがある。内閣府でも宇宙ビジネスのアイデアを募集している。参加すれば、新しいビジネスが広がるかもしれない。

Abema One Minute Newsより)

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000