横浜DeNAラミレス監督 パットンで逃げ切り失敗も配置は「変えるつもりはない」

 横浜DeNAが5月19日、対巨人7回戦に延長10回、3対5で敗れた。アレックス・ラミレス監督(42)は、9回1点差で登板したものの、同点に追いつかれたパットンについて「今のところ変えるつもりはないです」と明言した。インタビューの内容は以下の通り。

―非常に惜しい試合だと思いますが、試合を総括してください。

 ゲーム序盤から井納は非常に良いピッチングをしてくれて、7回96球で失点もそんなにしなかったですし、リリーフも、つないだ山崎も良かったですけども、パットンがゲームを締められなかった。でもゲーム自体はそんなに悪いゲームではなかったと思います。

―パットン投手の起用法というのは、今後何か考えるところはありますか?

 今のところ変えるつもりはないです。

―今日で順位が1つ落ちるということになりましたが、その辺はどうでしょう?

 まだシーズンは長いので、気にしていません。去年の今頃はまだ最下位だったと思うので。また明日は明日、しっかりやっていきたいと思います。

―切り替え、期待しています。

 ありがとうございます。

(C)AbemaTV

▶DeNA主催試合の放送はこちらから

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000