制服代が原因で母子心中「消費者金融に頼る前に役所に相談を」

 普通の生活を送っていたのに、気がつけば貧困と呼ばれる状態に陥っている女性が増えている。心の隙間を埋めるために物を買いまくる“買い物依存症”。夫から充分な生活費がもらえず借りてしまう妻。多額な返済に苦しむ奨学金問題など、借金をする理由はさまざまだ。SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』の第14回では、借金地獄女子をテーマに当事者が赤裸々に語った。

 女性の貧困問題や人権問題に取り組み『1億総貧困時代』の著者・雨宮処凛さんは、2014年に千葉県銚子市で起こった事件について言及。母親が心中をするつもりで娘を殺したが、母親だけ生き残ったという事件だ。心中の理由は、貧困。雨宮さんが「その家庭はシングルマザーで家賃滞納で立ち退きを迫られていた。借金を重ねていたけど、大きい借金は娘が中学校に入学するときの制服代だったんです」と話すと、番組MCのSHELLYは「制服代ってなんであんなに高いの?」とコメント。千葉県銚子市の事件は、制服代をきっかけに社会福祉協議会からお金を借り入れ、それでも足りずに闇金からお金を借り、生活が破たんしてしまった事件だ(詳細:千葉県銚子市・県営住宅追い出し母子心中事件調査報告書)。


 雨宮さんは「民間の借金をすることがおかしい」と指摘。役所に相談すれば、低所得者や高齢者・障害者の生活を支えることを目的とした『生活費福士資金貸付制度』や、離職などにより住居を失った人に就職へ向けた活動をすることを条件に、一定期間家賃相当額を支給する『住居確保給付金』があると紹介した。さらに「公的な制度ではなく民間の消費者金融で借りるのは(公的制度が)宣伝をされていないこと、よっぽどのマニアじゃないと知らないことが原因。これを知っているだけで全然違うのでは」と話した。


(C)AbemaTV

(ライター/小林リズム)

『Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜』は毎週土曜23時45分から&毎週日曜17時から放送(17時は再放送)

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000