芳根京子、最後の婦人警官姿に惜しむ声

 俳優の長谷川博己(40)主演のテレビドラマ『小さな巨人』(毎週日曜よる9時~)に出演中の女優・芳根京子(20)が15日、第5話でラストとなった婦人警官の制服姿を披露。ファンから「制服めっちゃ似合ってた」と反響を呼んでいる。

芳根京子公式ブログよりスクリーンショット


 同ドラマは、警視庁と所轄の確執、警察内部の戦いを克明に描く警察エンターテインメント。芳根は、警視庁捜査第一課の人事職員・三島祐里役を演じている。


 TBS系バラエティ番組「好きか嫌いか言う時間」放送中に「みーてね。」と題し更新されたブログでは、「21時53分から『好きか嫌いか言う時間』始まってます(^^)今日と29日に出演させていただきます!」と、出演情報をファンに報告。


 さらに、同ドラマでの「芝署編」が完結を迎えた第5話について「そして昨日の小さな巨人でこの制服は終わり。来週からスーツになります。ふふ。」と綴り、最後となる婦人警官の制服姿を披露した。


 これを見たファンからは「芝署編の制服姿ステキでした(*^^*)」「制服めっちゃ似合ってた」「祐里ちゃんの制服姿が見納め」と、芳根の制服姿へのコメントや、「どんな服でも似合うから、きっとスーツ姿見ても惚れるんだろうな~~」「制服見れなくなるのは寂しい気もしますけどスーツ姿楽しみにしてます!」「三島刑事始動楽しみにしてます!」「6話以降も、とても楽しみ…♪」「スーツ姿の京子ちゃん…☆楽しみだわ~(≧∇≦)」「新たな門出楽しみです!」「京子ちゃんのアクションが観られるのかな?楽しみだね♪」と、スーツ姿を心待ちにする応援メッセージなども寄せられいている。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000