青山テルマ、元カレへの恥ずかしすぎるラブレターを公開

 2004年からテレビ朝日系で放送されていた人気バラエティ番組『くりぃむナントカ』が、AbemaTVで4年ぶりに復活。同局の開局1周年を記念した特別番組として、5月4日に放送された。

 今回放送された復活版『くりぃむナントカ』では、3つの名物企画を実施。秘密が入った封筒を部屋の中に隠し、制限時間5分以内に見つかった場合、秘密が公開される「芸能界へそくり選手権」には、ゲストに歌手の青山テルマ、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信、ピン芸人のアキラ100%が出演した。

 トップバッターの青山は、封筒が入ったへそくりBOXをキャリーケースの中に隠したが、残り時間3分のところで小宮に発見されてしまう。


 青山が隠した封筒の中に入っていたのは、デビュー前に出演した、英会話教材のビデオテープ。青山はこれまで映像を見たファンから「テルマさんですか?」と聞かれても、あまりの恥ずかしさから認めたくなく、はぐらかしてきたそうだ。

 だが、青山の秘密はこれだけではなかった。封筒の奥にはさらに1枚の紙が。それは青山が学生時代の恋人・Yさんに宛てた、直筆のラブレターだった。番組スタッフが独自のルートでYさんと接触し、入手したものだという。


 手紙の書き出しは「BABY」という呼びかけから始まり、その後も英語と日本語が入り混じった独特な表現で愛がつづられ、最後は「I love you」と締めくくられていた。

 テレビ朝日・大木優紀アナウンサーが手紙を代読し始めた途端、「BABY」の一声で出演者一同、大爆笑。くりぃむしちゅーの上田晋也は「やってることはルー大柴さんだからね」とツッコミを入れ、「罰としてこれ曲にしてくれない?」と青山に持ちかけていた。


同番組は2017年5月4日(木)~6月3日(土)の1ヶ月間いつでも無料でご覧いただくことができます。ぜひ、「Abemaビデオ」でも番組をお楽しみください。

ビデオURL:https://abema.tv/video/episode/88-22_s0_p1


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000