大川藍、野球選手のお尻に「色気感じる」 お尻を突き出して実演

 映画『3月のライオン 愛の後編』の特別試写会が13日、都内で行われ、主演の神木隆之介、共演の高橋一生、清原果耶らが出席した。若者向け総合番組『原宿アベニュー』(AbemaTV)でもこのニュースを紹介。番組では、大川藍が「男性に色気を感じる瞬間」についてコメントした。

 漫画雑誌、ヤングアニマルで連載中のベストセラーコミックを実写化した『3月のライオン』は、幼い頃に交通事故で家族を失った、神木演じる17歳の棋士、桐山零と彼をめぐる人々が愛を求めて迷い、ためらい、ひるみながらもそれぞれの戦いへと突き進むストーリー。主演の神木は「それぞれやっぱり人間でいろんなものを抱えて生きているんだなっていうのをすごく感じる作品」とコメント。

 高校教師役を演じた高橋に神木が質問するコーナーが設けられ、神木は「どうやったらそんなに素敵に生きられるようになるんですか?」と質問。すると高橋は「神木さんはそのままでいいと思います。僕から言えることはありません」と返答し、お互いを褒め合った。さらに神木が高橋に「色気はどうやって出すの?」と聞くと、高橋は「色気は意識しないことですよ」と話し、「達人だ!」と拍手を浴びた。


 スタジオでは、大川藍が男性に色気を感じる瞬間について「私は野球選手が守備位置について守るときのお尻!」とコメントし、お尻を突き出して実演。「パンツがぴちってなるじゃないですか。それでお尻の形がぷりんって出るのがいい!」と熱く語った。

 さらに、「個人的に好きなのは阪神タイガースの鳥谷選手!」と名前をあげ、ラブコールを送った大川。これを受け、金曜コメンテーターのサンプラザ中野くんは「鳥谷くんはモテますよね。去年の夏に巨人阪神戦を観に行ったときに一緒にいた女の子は、全然野球を知らないけど鳥谷くんが打席に立った瞬間に”この人色っぽい!”って」と絶賛。大川藍は「きっと鳥谷選手も意識せずに色気を出しているんだと思います」とコメント。やはり、色気は意識して出すものではなく出るもののようだ。

AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

(C)AbemaTV

(ライター/小林リズム)

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000