指原莉乃が選抜総選挙に出なかったら? 元AKB平嶋夏海が影響を分析

 HKT48の指原莉乃(24)が、26日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、次のAKB48選抜総選挙への出馬は「まだ決めてない」としながらも、「もし出るなら今年が最後と決めている」ともコメント。その理由として、上位が固定メンバーになってしまうことを挙げた。

 この話題をとりあげた27日放送のAbemaTV『芸能マル秘チャンネル』に出演した元AKB48の平嶋夏海(24)は、「さっしーが(出馬を)やめたら一般的な注目度はなくなっちゃうかもしれないけど、絶対、(強敵がいなくなることで、推しメンの上位を上げるべく)去年よりも買っちゃうファンとかは出てくると思う」とコメント。


 選抜総選挙については「メンタルやられます」「楽屋は、いつもどおり騒ぎつつも、ピリピリしていて、どこか緊張感が漂っていた」と振り返りながら、選抜選挙対策として「握手会のときの対応を良くしたり…。ただ、『票を入れてください』っていうのはナシなんです。あくまでも“応援してください”っていうスタンスなので。気持ちをこめるために両手を添えたりしていました」というエピソードを明かした。


「(投票にあたっては)本当にすごい、ファンの方にはお金をたくさん使っていただいているので、メンバーは申し訳ない気持ちと、でも上にいきたい気持ちと。ファンの方も、投票するタイミングを話し合うんですよね。(中間発表で)下すぎると一般層の人は諦めて投票しなくなっちゃう。でも上過ぎると安心しちゃう、みたいな…。(乃木坂46、欅坂46の坂道シリーズメンバーは、兼任でない限り参加できないが)48グループのメンバーは、坂道が参加したら絶対嫌がると思います。順位が下がる! って」


 今年の選抜総選挙は沖縄で開催。総選挙史上としても話題を集める回になりそうだ。


(c)AbemaTV

『芸能マル秘チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

▶︎番組予約はこちらから

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000